重症患者のICU死亡率を予測するのに3種の臓器不全スコア:MODS、SOFA、LODを比較

A Comparison of Three Organ Dysfunction Scores: MODS, SOFA and LOD for Predicting ICU Mortality in Critically Ill Patients
J Med Assoc Thai. 2007 Jun;90(6):1074-81.

・タイの重症患者のICU死亡率を予測するためにMultiple Organ Dysfunction Score(MODS)、Sequential Organ Failure Assessment(SOFA)、Logistic Organ Dysfunction Score(LOD)の有効性を比較した。

・Songklanagarind病院で2004年7月1日~2006年3月31日に収集した前向きデータを後ろ向きに研究した。

・1782人の患者は、本研究において登録された。ICUでの死亡が 293人(16.4%)記録された。ICU死亡を予測するROC曲線下面積は、MODSで0.861、SOFAで0.879、LODで0.880 であった。 SOFAとLODのAUCは、MODSスコアよりも統計的に高い有意性を示した(p=0.014とp=0.042)。全モデルのうち、神経学的不全スコアが、ICU死亡率と最高の相関関係を示した。

・3種の臓器機能不全スコアはすべて、ICU死亡率を良好に予測した。LODと(全モデルの)神経学的不全スコアで、ICU転帰との相関関係が最良であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック