麻酔科2か月目の看護学生による経口気管挿管にマッキントッシュとミラー喉頭鏡の臨床使用を比較

Comparison of the Clinical Use of Macintosh and Miller Laryngoscopes for Orotracheal Intubation by Second- Month Nurse Students in Anesthesiology

Anesthesiology Research and Practice Volume 2010 5pages

・本研究では、麻酔下の患者で初心者が気管挿管に使用するのにマッキントッシュとミラー喉頭鏡のどちらが適当かを比較した。

・119人の患者は、マッキントッシュ群(59)とミラー群(60)に無作為化された。主要な測定項目は、気管挿管の成功数であった。第二の測定項目は、試技数、挿管所要時間、挿管までの総時間、循環動態の変化と合併症であった。

・マッキントッシュ群では全患者で挿管が成功したが、ミラー群では13人の患者(21.6%)で失敗した(p<0.001)。マッキントッシュ群では、平均の挿管までの総時間はが短かった(p<0.001)。喉頭鏡挿入2分後、気管挿管直後、2分後の平均血圧と、喉頭鏡挿入時と、気管挿管直後と、2分後の心拍数は、2群間で有意差があった。全体的な合併症数は両群で有意差はなかった。

・マッキントッシュを使用した経口挿管は、初心者でも効果的で安全な手技であり、ミラーに比較して、成功率が有意に高く、挿管までの時間が有意に短かった。しかし、これらの挿管は、正常気道と思われる選ばれた患者だけに適用される。

[!]:たぶん大昔にすでにこんな研究はいくつもされたに違いないが、温故知新!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック