電子麻酔記録導入奮闘記 その19

■2009年8月30日:ノートPCでもマウスが使いたい!

 最近のタッチパッドはかなり進化していて、マウスの平面的な動きをコントロールするだけでなく、上下、左右スクロールも簡単にできる。つまりスクロールボタンの代わりにもなる。タッチパッドの右端を上下になぞると上下スクロールし、下端を左右になぞると左右にスクロールが可能だ。

 画面上のボタンを押す操作だけならタッチパッドでもよいのだが、階層化されたリストの中から薬品を選ぶ操作となると、やはりマウスが欲しくなる。しかしマウスを使うといっても、マウスを置く場所が・・・・。麻酔器の上では少しディスプレイの位置とずれるし・・・。

 狭いところを広く使うには、上に積むしかない! これは経験から得た必然の法則だ。そこで、PCを置く「トレイ+凄腕アーム」の下に、マウスを収納し、かつマウスを動かせるだけのスペースをもった「箱」を取り付けてはどうだろうか?
画像

 とりあえずマウスも購入しておこう。・・・アマゾンでマウスをチューモンしておいた。

■2009年8月31日:マウスの使えるPCアームの試作

 昨日の構想をもとに、PCの下にマウス用のボックスを付けた。何を隠そう、このボックスは、「百均」で購入したダストボックスである。また、マウスのコードが出せるようにボックスの左側面に穴を開け、マウスパッドを中に収納して、マウスを使用できるようにした。
画像

 ボックスの底面には少し傾斜があって、そのままにしておくとマウスが滑り落ちてしまいそうになるので、スポンジ製の「隙間テープ」を短く切って貼りマウスの落下を防止することにした。「百均」にはほんとうに便利グッズがたくさんある。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック