■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2011-10-26




【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (_____________c) : 不整脈惹起性/不整脈発現性

(2) (_____t) : 停止

(3) (a_______) (b________) (s____) : 肺胞呼吸音

(4) (m________) (d___) : 散瞳薬

(5) (a__) (b__________) : 気管支含気像/気管支透亮


[解答]
(1)arrhythmogenic(2)arrest
(3)alveolar breathing sound(4)mydriatic drug
(5)air bronchogram


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(代謝・内分泌) 経口血糖降下剤で糖尿病のコントロールを行う場合、HbA1の目標値としては何%以下にするべきか?
1) 9% 2) 7% 3) 5% 4) 3% 5) 1%

[解説] 通常のHbであるHbA0に対して、Hbに糖の結合したものをHbA1(グリコヘモグロビン)という。HbA1はHbA1a・HbA1b・HbA1cに分けられ、HbA1cが大部分を占め血糖の変化に敏感に反応する。約一か月前の血糖レベルと相関し血糖コントロール状態を反映する。HbA1の正常値は6~8%、HbA1cの正常値は3~5%.コントロール良好なDM患者ではHbA=9%、HbA1=6%程度である(それぞれ正常値+2以下が望ましい)。


[正解] 1 [出典] クリティカル記憶術2P53



【問題3】(麻酔薬) オピオイドについて正しいのはどれか?

ア:呼吸抑制はμ2受容体による作用である。

イ:コデインはベンジルイソキノリン系に属する。

ウ:腸蠕動の抑制はμ2受容体による作用である。

エ:パパベリンはベンジルイソキノリン系に属する。

オ:κ受容体刺激は、利尿作用を有する。


[解説] ○:μ2受容体の刺激で、呼吸抑制・徐脈・身体依存性・多幸感・イレウスを示す。
×:オピウムは20種類以上のアルカロイドを含み、フェナントレン系、もしくはベンジルイソキノリン系に属する。モルヒネ、コデインは前者に、パパベリンは後者に属する。
○:腸蠕動の抑制はμ2受容体による作用である(上述)。
○:(上述)
○:κ受容体刺激は、鎮痛・鎮静・不快感・精神症状を呈する。またバゾプレシンの放出を阻害するので利尿作用を有する。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p72-77



【問題4】(中枢神経) 脊椎の生理的彎曲は水平仰臥位の場合、最高部はどのレベルになるか?
1) L3 2) L1 3) Th5 4) L5 5) C4

[解説] 脊椎の生理的彎曲は水平仰臥位の場合、最高部はL3、最低部はTh5のレベルになる。


[正解] 1 [出典] Q新麻酔科学改訂第5版p149

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック