英語の辞書を引くことのデメリット

 英語を読むときに、辞書を引くのは当たり前であって、デメリットなんて存在しないと思う人は読む価値があると思う。「辞書ばっかり引いてちゃダメなんだよ。」と思う人は読み飛ばしてください。

 私たち、日本人は、幼少期~小学生~中学生~高校生になる間に、日本語で書かれた文章を読むときに、いったいどれくらい「国語辞典」を引いただろうか? 小学校のときに、「国語辞典」と「漢和辞典」をセットで購入したが、ほとんどの人が、あまり使用する機会もなく、新品同様の状態で本棚に納めてしまったのではないだろうか。

 それに比べて、英語の辞書たるや、手垢が付いて汚くなるくらいに辞書を引いており、人によってはボロボロになっていることも珍しくない。

 私たちの多くは、英語を読むときに、「分からない単語に出会うたびに、辞書を引いて単語の意味を確認する。」という行動パターンを、英語を習い始めた中学生~高校生の間に、しっかりと身に付けてしまっている。

 その結果、英文を読んでいる時に、知らない単語に出会うと、自分の意思とは無関係に、反射的に一旦その場で立ち止まってしまうのである。せっかく、脳内の英語の思考回路が回り始めていたのに、その回路は知らない単語のせいで、たびたび寸断されてしまい、一定のスピードで英文を読むということができなくなってしまっている。

 では、単語の意味がすべて理解できれば、一気に読み通すことができるだろうか? これも「No!」と答える人が多いのではないだろうか。

 英文を読んだ直後に、「この文章は・・・、これが主語で、これが動詞で・・・」と、文法解析を行なったうえで、さらに日本語に訳すと「○×△○×△○×△○×△○×△」ということだな、・・・と日本語に訳して意味をとり、理解できたと感じている。日本語に訳せないと理解したことにならない。これも、日本の英語教育の弊害である。日本語に訳すことと英語を理解することとは別である。

 しかし、こんなことをしていたので、スムースに英文を読めるわけがないのだ。ましてや、待ったなし、一発勝負の英語のリスニングなんて、遠い夢の話だ。

 元に返って、では日本語の場合には、どうして辞書を引くことなく、どんどん一定のスピードで読み進めていくことができるのであろうか?どんな文章でもそれが可能かと言うとそうではないが、知らない単語が数行に1単語くらいの頻度なら、あまりスピードを落とすことなく読み進めていくことができる。

 それは、少々分からない単語があっても前後関係から類推して、「たぶん、こんな意味なんだろうな・・・」と推測しながら読んだり、「とりあえず推測さえできないが、読み進めて行けば、後で説明されているかもしれないので・・・とりあえず、先に進んでみよう」と意識下で処理しているからだ。

 以上の考察から分かるように、分からない単語に出会うたびに、辞書を引くことの一つのデメリットは、「前後関係から単語の意味を類推する能力を訓練する機会を喪失してしまう。」という点だ。

 そして、もう一つは、英語の脳内回路を十分に回転させることができないため、瞬時に文章全体の文法構造を判断して、英語を英語として理解する能力が、いつまで経っても養われないと言うことだ。

 もちろん、最低限の「大学受験」に必要な英語語彙数くらいはないといけないが、それ以上の語彙数は一朝一夕で獲得できるものではないので、たくさんの英文を読みながら、少しずつ語彙数を増やしていくとともに、日本語で未知の単語を少しづつ習得して行ったように、類推しながら読み進めていくトレーニングをしなくてはならない。

 そして、たまに辞書を引いて、「やっぱり、こんな意味だったか。」と思えるようになれば、英単語の推測能力がかなり付いてきている証拠なので、それくらいになれば英文を読むスピードもかなり速くなっているはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック