電子麻酔記録導入奮闘記 その30

■ 2009年10月8日(木):無線LANの設定がやっと実現

無線LANアダプタが近日中に届きそうなので、3連休前にSEさんに設定をしてもらっておけば、連休中にPCを各部屋に設置できそうだ。アダプタ自体はすでに手術室内で稼動している電子カルテ用ノートPCにUSB接続しているものと同じなので、アダプタを1つちょっと拝借して、NさんとSEさんに無線LANの設定をお願いした。

 Vista 用のドライバをダウンロードして、1時間くらいかけて8台のノートPCに無線LANの設定を行ってくれた。ありがとう、ありがとう・・。

 と思っていたら、「受付のレーザープリンタを各ノートPCから使えるようにしておいて欲しい。」というお願いは、すっかり忘れ去られていたので、自力でインストールを試みるが、挫折! もう一度、SEさんにお願いしてインストールしてもらうことができた。

 プリンタ側の設定で、ネットワークプリンタとして動作させるのに、有線LAN・無線LAN個別に設定できるらしい。無線LAN対応に設定していなかったために、ネットワーク上にプリンタが検出できなかったようだ。

---------------------------------------------------
● 各PCに必要なネットワークの設定
・無線LANの設定
・病院共有フォルダに対して、参照あるいは書き出せるようにファイル共有設定
・受付のプリンタに出力できるようにプリンタの共有設定
---------------------------------------------------

 後はアダプタが届きさえすれば、いろいろなソフトは無線LAN経由でいくらでもダウンロードしてインストールが可能なので、PCを各部屋に設置してしまっても特に支障がなくなる。


■ 2009年10月9日(金):各部屋にPCを設置

 連休中にやろうと思っていたが、午前デューティ・フリーだったので、各部屋の日本光電の心電図モニターにPCを設置して回った。心外科の部屋だけは、麻酔器に設置した。1台につき30~40分、6台設置するのに午前中いっぱいかかった。

 □ アームの取り付け
 □ PC本体の固定
 □ マウス接続
 □ 電源接続
 □ データ転送ケーブル接続

後は無線LANアダプタの接続だけだ。
アームの固定は、がっちりと固定可能で、自分でも100点を与えたいところだ。
画像

夜に待望の無線LANアダプタが届いた。

■ 2009年10月10日(土):paperChart のインストールと個別のネットワーク設定

 土曜日だったが、ほとんど通常通り出勤した。まず、無線LANアダプタをすべてのPCに接続していった。病院共有フォルダにカスタマイズ済みの paperChart をコピーしておき、無線LAN経由で各部屋のPCにダウンロードしてPC毎のネットワーク設定を行っていった。

 結局、1台1時間近くかかり、どの部屋からも麻酔記録の印刷と、PDF出力ができ、最終的に電子カルテにも取り込めるところまで確認していたら夜になってしまった。

 ばんざーーーーーい! これで休み明けの10月13日(火)からは、電子麻酔記録の入力練習が可能だ。

つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック