心臓手術後の痙攣:トラネキサム酸とその他の危険因子の影響

Seizures following cardiac surgery: the impact of tranexamic acid and other risk factors
Canadian Journal of Anesthesia published online 08 November 2011

トラネキサム酸2.png・心臓手術後の痙攣発作は、重症合併症である。 抗線維素溶解剤トラネキサム酸(TA)は、向痙攣特性を持つことが知られており、術後痙攣発作と関係している場合がある。本研究では、TAと心臓手術後の痙攣の他の危険因子との関係を調査しようとした。

・われわれは連続的な心臓手術患者(2003年4月~2009年12月)のデータベースを多変量ロジスティック回帰分析を使用して分析し痙攣の危険因子を評価した。

・発作は、患者5,958人のうち56人(0.94%)に発生した。TAの使用は、発作のリスク増加と関係していた(オッズ比 7.4、95%信頼区間2.8-19.3;P<0.001)。多変量ロジスティック回帰分析で、以下の要因が発作と有意に関係していることが分かった:TA使用;APACHE?スコア>20;術前心停止;術前の神経学的疾患;心腔を開ける手術;心肺時間>150分;心臓手術の既往。発作は、手術終了後、中央値で5.3時間(四分位領域2.4-15.1時間)後に発生した。全体で、58.1%は大発作であり、14.5%は脳梗塞と関係しており、58.1%は入院中に再発した。結局は、患者の48.3%は、退院前に抗痙攣薬を中止することができた。非発作群と比較して、発作患者はせん妄や脳梗塞と定義される術後神経学的合併症の発生率が高く(3.2% vs 19.6%(P<0.001)、ICU収容期間が長く(1.0 vs 4.7日、P<0.001)、ICU死亡率(1.4% vs 9.7%、P=0.001)が高かった。

・今回のデータから、TAを含む複数の危険因子が心臓手術後の痙攣発作と関係していることが示唆される。このように、TAの投与は、術後の痙攣発作に対して容易に修正可能な危険因子であるかもしれない。

[!]:へ~、トラネキサム酸が術後けいれんの原因になることがあるのか。だからといって、投与を控えるのは難しいが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふじやま
2013年08月25日 09:04
心臓手術後にも術後てんかん?小生心臓手術後1週間で脳手術その後20年術後癲癇阻止薬を飲んでいる。
脳手術の影響とばかりおもっていたが。
SRHAD-KNIGHT
2013年08月26日 13:02
おそらく本論文にある痙攣は、トラネキサム酸の血中濃度が高い時期にだけ発生するので、術後数日以内に限った事だと思います。「ふじやま」様の場合、20年間も抗痙攣役を服用されているのは、脳手術後のためだと思われます。最初の理解でよろしいのではないでしょうか。

この記事へのトラックバック