■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2012-02-08




【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (d_____________) : 失見当

(2) (p______) (l___) : 患者数

(3) (b______) : 過食症

(4) (h_______) (t______) : ホルモン療法

(5) (h____) (a_____) : 心臓発作


[解答]
(1)disorientation(2)patient load
(3)bulimia(4)hormonal therapy
(5)heart attack


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/





【問題2】(麻酔中の問題) 悪性高熱症が疑われる患者で使用しても安全な薬物はどれか。
ア:ベクロニウム
ウ:亜酸化窒素
イ:チオペンタール
エ:ジアゼパム

[解説] ハロタン、セボフルラン、イソフルランなどいずれの揮発性麻酔薬も禁忌である。麻薬、プロポフォールなどは安全である。


[正解] (全て) [出典] 麻酔科クリニカル問題集




【問題3】(心臓・血管) 次のうち後負荷を軽減するものはどれか?
1) 静脈の血管拡張剤
3) カテコラミン
5) 動脈の血管拡張剤
2) 輸液・輸血
4) 利尿剤


[解説] 動脈の血管拡張剤は後負荷軽減に作用する。逆に血管収縮剤の投与は後負荷を増大させる。


[正解] 5 [出典] クリティカル記憶術2P223



【問題4】(麻酔) 気管内挿管操作による頻脈、血圧上昇を避けるために特に有効なのはどれか。

ア:酸素化(oxygenation)を充分に行う。

イ:アトロピンを静注する。

ウ:Paco2を正常範囲内に保つ。

エ:気道の表面麻酔を行う。

オ:フェンタニルをあらかじめ静注しておく。


[解説] 気管挿管操作による頻脈・血圧上昇がどのような原因で起こるかを考えれば解答できる。 気管挿管に伴う神経反射には、交感神経反射と副交感神経反射の2つがある。交感神経反射は、舌根部の圧迫により交感神経を介して心臓反射が起き、頻脈・血圧上昇を起こす。また、高二酸化炭素(CO2)でも交感神経反射が引き起こされる。副交感神経反射は低酸素血症で引き起こされる。迷走神経反射が生じて心臓抑制をもたらし、低血圧・徐脈を起こす。
ア:× 十分な酸素化により気管挿管時の低酸素血症を予防し、副交感神経反射を起こさないようにしている。
イ:× アトロピンにより副交感神経が遮断され、交感神経優位になり頻脈になる。
ウ:× これは、高CO2血症を予防し、交感神経反射を起こさないためである。
エ:○ 通常、局所麻酔薬(リドカイン)を気道に噴霧し、気管挿管操作による交感神経反射を予防する。
オ○ フェンタネストは合成麻薬である。血行動態の安定している患者��任蓮�ご描浚匹砲茲觀谿犠緇哉娠�鰺淦�任�襦��鹿肬銓昭岱���ぢ[正解] (エ)、(オ) [出典] 医師国家試験 67B75

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック