非心臓手術後の高齢者でハロペリドール予防投与はせん妄の発生頻度を低下させる:無作為対照試験

Haloperidol prophylaxis decreases delirium incidence in elderly patients after noncardiac surgery: A randomized controlled trial
Critical Care Medicine: March 2012 - Volume 40 - Issue 3 - p 731ー739

・非心臓手術後の高齢重症患者で、せん妄予防目的での短期低用量ハロペリドール経静脈的投与の有効性と安全性を評価することを目的とした。

・非心臓手術後に ICU に入室となった 65歳以上の患者 457人を対象とした、2つの大きな3次教育病院 ICU での前向き、無作為二重盲式、偽薬対照試験である。ICU 入室後から、ハロペリドール(0.5mg を経静脈的にボーラス投与し、その後 0.1mg/h で12時間持続注入、n=229)か、偽薬(n=228)かに無作為に割り当てた。主要エンドポイントは術後7日以内のせん妄の発生頻度であった。副次エンドポイントはせん妄発現までの時間、せん妄のない日数、ICU 滞在期間、28日全死因死亡率、副作用を含んだ。せん妄は「ICU のためのせん妄評価法 (CAM-ICU)」を使用して評価された。

・術後7日間のせん妄の発生率は、ハロペリドール群で 15.3%(35/229)、対照群で 23.2%(53/228)であった(p=0.031)。せん妄発現までの平均時間とせん妄のない日数の平均は、対照群よりもハロペリドール群で有意に長く(それぞれ、6.2 日 [95% 信頼区間 5.9-6.4] vs. 5.7 日 [95% CI 5.4-6.0]; p=0.021; 6.8±0.5 日 vs. 6.7±0.8日; p=0.027)、ICU 滞在期間の中央値は有意に短かった(21.3 時間 [95% CI 20.3-22.2] vs. 23.0 時間 [95% CI 20.9-25.1]; p=0.024)。28日全死因死亡率には群間に有意差はなかった(0.9% [2/229] vs. 2.6% [6/228]; p=0.175)。薬剤関連の副作用の記載はなかった。

・非心臓手術後に ICU に入室となった高齢患者に短期低用量ハロペリドールの経静脈的予防投与は有意に術後せん妄の発生頻度を低下させた。本治療の耐用性は良好であった。

[!]:普通の病室ではなく、ICU に入室すること自体が、せん妄誘発の原因になるのなら、ICU入室予定の患者には予防的にハロペリドールをルーチン投与することもありかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック