開放式、閉鎖式気管内吸引後の心拍数、平均動脈圧、酸素飽和度の変化:前向き観察研究

Changes in heart rate, mean arterial pressure, and oxygen saturation after open and closed endotracheal suctioning: A prospective observational stud
Journal of Clinical Care published online 20 April 2012

・人工呼吸を受けている ICU 患者では、開放吸引システム(OSS)と比較して、閉鎖吸引システム(CSS)の方が、生理学的パラメータへの障害が少なく、最適酸素化を良好に保証できると広く仮定されている。そこで、本研究では、CSS と OSS によって気管内吸引(ES)を受ける患者で、心拍数(HR)、平均動脈圧(MAP)、末梢酸素飽和度(SpO2)の変化を定量化した。

・2007 年 1 月~ 2008 年 2 月に、4 つの ICU で交差試験の範囲内で入れ子にした前向きの観察研究を行った。ICU 毎に、50 回の ES 処置が無作為に選ばれ、、HR、MAP、SpO2 を ES の前後に測定した。

・全体で、197 例の完全な ES 処置(103 回の OSS と 94 回の CSS)がモニターされた。平均 HR、MAP、SpO2 は、ES の直後に変化し、5 分後に前値に復した。HR と MAP の変化は CSS と OSS の使用後で同様であったが、SpO2 は、OSS の 3、5 分後にわずかに良い値が観察された。これらの差はかなり小さく(0.3%-0.7%)、臨床的に意義がなかった。

・HR、MAP、SpO2 の変化は、CSS と OSS の最中と処置後に同様で軽度であった。 両システムは、同等に安全であると考えれらた。

[!]:閉鎖式の方が、肺内のガスをよりたくさん吸い出してしまうために酸素化がわずかに低下するのであろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック