気管チューブ・カフの圧調整に使用するシリンジ(トップの場合)

 以前の記事「知らなきゃ損!! 超簡単、 気管チューブの最適カフ圧設定法」で、気管チューブのカフ圧を簡易に最適圧に設定する方法を紹介した。その際、「テルモ社」製のシリンジでの報告であった。

 その後、記事「気管チューブ・カフの圧を逃がすのに使用するシリンジを選ぶ際にはメーカーとサイズが問題を紹介した。

 今回は、近隣の病院から「トップ」社製のシリンジを入手できたので、気管チューブカフ圧設定に使用できるかどうか試してみた。

《 トップ (TOP) のシリンジの場合》
 5mL シリンジ(60~70 cmH2O)
> 10mL シリンジ(80~90 cmH2O)
> 20mL シリンジ(25~30 cmH2O)
> 50mL シリンジ(20~25 cmH2O)

となった。

 以上から、トップのシリンジを使用して、気管チューブのカフ圧を簡易設定する場合には、10mL シリンジは不適当であり、20mL 以上のシリンジを使用しなくてはならないようだ。

 ラリンジアルマスクのカフ圧設定には、テルモ社と同様に、 5mL シリンジがなんとか使用できるかもしれない。

 以上、トップのシリンジをお使いの場合には、けっして 10mL シリンジでの気管チューブの簡易カフ圧設定法を行わないでください。トップの場合には、 20mL シリンジが適当です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック