電子麻酔記録セントラル・モニターをやっと設置した!

 paperChart による電子麻酔記録が軌道に乗って稼働しだして、ようやく3年が経とうとしている。これまでは、19 インチのディスプレイでセントラル・モニターになるようにはしていたのだが、資金不足、人員不足でセントラルがセントラルとして機能するだけの時間的・人員的余裕もなかったのだが、大型テレビが安く購入できるようになったので、麻酔科控室に大型の液晶テレビをディスプレイ代わりにして、セントラルらしいものにグレードアップした。
画像
 予備の paperChart 端末の外部ディスプレイ端子に、32 インチの液晶テレビを接続して各部屋の電子麻酔記録が表示できるようにした。paperChart 自体が、「BrowseManager」というセントラルとして機能するブログラムを有しているので、このプログラムを Windows のスタートアップに登録して、ノートPC と液晶テレビの電源をオンにするだけで、各部屋の電子麻酔記録が大型のディスプレイに表示される。

 こんなことしたって、誰も喜ばないのかもしれないが・・・・、ま~、自己満足の一種である。

 かかった費用は、格安の液晶TVが¥20000、メタルラックが¥4000 程度で 25000 以下だ。その昔、各部屋の心電図モニターが麻酔科控室で見れるようにした15インチ程度のブラウン管のセントラル・モニターが 1000万円近くしたのを考えると、低費用でかなりのことができるようになったのには驚くばかりである。しかし、これも故・越川先生の御蔭である。

 paperChart の優れた機能を存分に日々の麻酔診療に生かしていくことが、お世話になった先生へのお礼になれば・・・、と考えています。越川先生、ほんとうにすばらしいソフトウェア「paperChart」をありがとうございます。今後とも活用していきたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック