重症セプシスとセプティック・ショック患者で赤血球輸血は死亡率低下と関係している:傾向スコア相応分析

Red blood cell transfusions are associated with lower mortality in patients with severe sepsis and septic shock: A propensity-matched analysis
Critical Care Medicine: December 2012 - Volume 40 - Issue 12 - p 3140-3145

・本研究の目的は、重症セプシスとセプティック・ショック患者で輸血が死亡率に及ぼす効果を評価することであった。

・韓国の教育研究病院 12 施設の内科 ICU 22 室での、前向きの観察データベース(2005 年 4 月~ 2009 年 2 月)の傾向スコア相応分析である。対象患者は、1054人の市中感染性の重症セプシスとセプティック・ショック患者である。

・1054 人の患者のうち、407人(38.6%)は輸血を受けた。輸血前の平均ヘモグロビン濃度は、7.7±1.2g/dL であった。輸血された患者は、28日と院内死亡率が高く(それぞれ、32.7% vs 17.3%; p<0.001、41.3% vs 20.3%; p<0.001)、在院期間も長かった(21[四分位領域 10-35] vs 13[四分位領域 8-24]日; p<0.001)が、入室時点で重症度が高かった(入室時の収縮期血圧が低く、APACHEⅡスコアとSOFAスコアが高かった)。患者の輸血状況に従って傾向スコアを相応させた 152 組の患者対では、輸血された患者群は、7 日(9.2% vs 27.0%; p<0.001)、28 日(24.3% vs 38.8%; p=0.007)、在院(31.6% vs 42.8%; p=0 .044)死亡率のリスクが低かった。多変量解析で、時間依存変数として輸血で調整後、輸血は、独立して 7 日(危険率 0.42、95%信頼区間 0.19-0.50、p=0.026)、28 日(危険率 0.43、95%信頼区間 0.29-0.62、p<0.001)、在院(危険率 0.51 (95%信頼区間 0.39-0.69、p<0.001)死亡の低いリスクと関係していた。

・市中感染性重症セプシスとセプティック・ショック患者に関する本観察研究では、赤血球輸血は、死亡率のリスク低下と関係していた。

[!]:ほ~近年、輸血によって転帰が悪化するとか、転帰を改善させることはないという研究報告が多い中で、珍しく赤血球輸血が転帰を改善するという内容の論文だ。ちょっと注目してよさそうだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック