帝王切開時の脊椎麻酔 いろいろな補助薬を併用した高比重ブピバカイン(10mg)

Spinal anesthesia for cesarean section. Use of hyperbaric bupivacaine (10 mg) combined with different adjuvants
Rev. Bras. Anestesiol. vol.62 no.6 Campinas Nov./Dec. 2012

・脊椎麻酔に際して局所麻酔薬(LA)に補助薬を併用すると、ブロックの質を改善し、鎮痛持続期間を延長する。待機的帝王切開で、高比重ブピバカインにスフェンタニル、モルヒネ、クロニジンを併用して、母体とと新生児への影響を評価した。

・前向き無作為化盲式研究で、96 人の患者を 4 群に割り当てた: Ⅰ群(補助薬なし)、Ⅱ群(スフェンタニル 5.0μg)、Ⅲ群(モルヒネ 100μg)、Ⅳ群(クロニジン 75μg)。知覚遮断の発現と高位、術中術後鎮痛、運動遮断の程度と回復時間、鎮痛持続時間、鎮静、母体胎児への影響を評価した。

・Ⅰ群に比較して、補助薬群は有意に遮断発現が早かった。Ⅰ群とⅢ群では術中術後に疼痛を訴えた。鎮痛持続時間は、Ⅱ群で有意に長く、運動遮断からの回復時間はⅣ群で有意に長かった。Ⅱ群とⅢ群では掻痒感が起こった。鎮静はⅣ群で有意であり、Ⅳ群では低血圧が長引いた。

・スフェンタニルとクロニジンの高比重ブピバカインへの添加は、帝王切開に際しての適切な麻酔と術後鎮痛を提供した。クロニジンは、術中術後の鎮静を惹起し、運動遮断回復時間を長引かせた。オピオイドを使用した場合には、掻痒感が目立った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック