ARDS 患者で PEEP が脳血流と脳の自動調節能に及ぼす影響

Influence of PEEP on Cerebral Blood Flow and Cerebrovascular Autoregulation in Patients With Acute Respiratory Distress Syndrome
Journal of Neurosurgical Anesthesiology:April 2013 - Volume 25 - Issue 2 - p 162-167

・急性呼吸窮迫症候群(ARDS)患者の治療の一環で、高いレベルの呼気終末陽圧(PEEP)は、肺胞虚脱を防止して酸素化を維持する可能性がある。PEEP は、潜在的に脳の静脈還流量を減少させ、頭蓋内血液量を増加し、したがって、脳血流(CBF)と脳血管の自動調節能(AR)に影響を及ぼすかもしれない。本研究は、呼吸不全患者で、PEEP が CBF と AR に及ぼす効果を調査する。

・CBF 速度は経頭蓋ドップラーを用いて測定され、観血的動脈圧曲線と関連付けられて、AR Mxインデックス(Mx>0.3は障害性 AR を示す)を計算した。Mx を低 PEEP レベルと、PEEP を増加後に測定した。Mx >0.2 の増加のみを、臨床的に関連するものとした。2 回の片側ウィルコクソン・テスト。

・ARDS のある 20 人の人工呼吸患者が含まれた。PEEP が 9.2±1 から 14.3±1cm H2O に増加しても CBF 速度には影響はなかったが、Mx は、0.317±0.35 から 0.414±0.32(差≦0.2)に増加した。Mx はベースライン測定時には、11/20 名の患者で >0.3 であり、障害性 AR を示した。

・驚くべきことに、ARDS 患者の 55% で AR は障害されていた。脳の過潅流や低潅流を避けるために脳灌流圧を管理する場合には、この点を考慮しなくてはならない。 9.2 から 14.3cmH2O に PEEP を増加させても、既存の AR 障害の有無にかかわらず、AR に臨床的に関連した影響を及ぼすことはなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック