BIS は昏睡患者の 2 週間以内の死亡を、血清 NSE や S100 タンパク質よりも良好に予測す

Bispectral index predicts deaths within 2 weeks in coma patients, a better predictor than serum neuron-specific enolase or S100 protein
Journal of Anesthesia 08/12/2013

・著者らは、BIS の臨床転帰予測(2 週以内に死亡しているか生存しているか)能力を評価した。

・合計 90 人の重症脳損傷のある昏睡患者が、BIS モニタリングを受け、血清ニューロン特異的エノラーゼ(NSE)と S100 タンパク質濃度を入院の 3 日間以内に測定した。ROC 曲線分析を使用して、BIS の 2 週間以内の死亡予測性能を評価した。カットオフ値は、Youden インデックスを使用して計算された。

・BIS 値と血清 NSE、S100 濃度との間には有意な負の相関が見られた。BIS 値の曲線下面積は 0.841(p<0.001、95%CI=0.751-0.931)であり、NSE(0.713)(p=0.002、95%CI=0.582-0.844)や S100(0.790)(p<0.001、95%CI=0.680-0.899)よりも高かった。BIS の最適カットオフ値は、32.5 であった。BIS 値>32.5 の患者群は、血清 NSE と S100 タンパク質濃度と死亡率は、BIS 値≦32.5 の患者群よりも有意に低かった。

・BIS 値は、脳損傷の程度を反映する可能性があり、BIS は、BIS 値≦32.5 の患者で臨床医が死亡を予測する際に役立つ、客観的で非侵襲的なモニタリング方法である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック