開腹腹部大動脈瘤手術後の主要合併症頻度に及ぼす鎮痛方法の影響; コホート研究

Impact of anesthesia technique on the incidence of major complications after open aortic abdominal surgery: a cohort study
Journal of Clinical Anesthesia Volume 25, Issue 4 , Pages 296-308, June 2013

・本研究の目的は、大血管手術における術後合併症の危険因子とクモ膜下モルヒネ(ITM)の影響を調査することであった。

・大学病院の手術室、集中治療室、麻酔回復室での前向きコホートの後ろ向き分析である。1997 年 1 月~ 2011 年 12 月に開腹腹部大動脈手術を受けた 595 例の連続患者からのデータを検討した。データは、使用された鎮痛方法に応じて 3 群に分類された:全身鎮痛(SA 群)、胸部硬膜外鎮痛(TEA 群)、クモ膜下モルヒネ(ITM 群)。術前の患者特性、周術期の麻酔科的、内科的介入、および主要な非外科的合併症を記録した。

・ITM(n=248)で管理された患者と、胸部硬膜外麻酔(n=70)を受けた患者では、全身鎮痛(n=270)を受けた患者よりも、術中静脈内(IV)スフェンタニルの必要量が少なく、早く抜管された。総入院死亡率は 2.9% であり、入院中に 1 つ以上の主要合併症を経験した患者は 24.4% であった。クモ膜下モルヒネは術後合併症のリスク低下(OR 0.51、95%CI 0.28-0.89)、特に肺合併症(OR 0.31、95%CI 0.54- 0.93)と腎機能障害(OR 0.52、95%CI 0.29 - 0.97)と関連していた。非外科的合併症の他の予測因子は、ASA-PS 3&4(OR 1.94、95%CI 1.07-3.52)、術前腎機能障害(OR 1.61、95%CI 1.01- 2.58)、長時間手術(OR 1.78、95%CI 1.16-2.78)、輸血の必要性(OR 1.77、95%CI 1.05- 2.99)であった。

・この単一施設研究では、腹部大動脈手術後に脊椎鎮痛を受けた患者では主要な非外科的合併症のリスク減少が示された。

[!]:結局は、各種鎮痛薬を全身投与よりも脊柱管投与で済ませることができるのであれば、それに越したことがないということだ。投与薬物量が圧倒的に少なくて済むのだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック