固定帯入れ

 当院では、手術に際して、患者さんを安全にベッドに保持するために、細めの固定帯 2 本(上肢用)と太めの固定帯 1 本(下肢用)を使用している。
【当院で使用している固定帯】
画像


従来から、これらの固定帯は、100 均で購入したプラスチックのメッシュ・ガゴを点滴台にぶら下げて、それに収納して準備していた。ところが、このカゴがやや小さいために固定帯の収まりが悪く、また長年使用しているものだから、カゴ自体が引き裂かれていく事態となっていた。
【従来の固定帯の準備】
画像

 そこで、最近、泌尿器科手術で潅流液として使用し出した、2000mL の生食バッグに目を付けた。これを利用して、固定帯を収納 することができないかと考えた。
【2000mL の生食バッグ】
画像


本来、点滴ボトルと同じ形態だから、当然、ぶら下げて使用できるように、上端中央に穴が開いている。側壁の上側3分の1くらいをハサミで切り取って、固定帯が収納できるようにし、下端は切り落とした。さらに「固定帯」とラベリングして、収納口に幅広の黄色のビニールテープで飾りつけをして手触りを良くした。
【完成した固定帯収納具】
画像


 手術室看護師から、
「先生~!、あれ作ったの先生でしょ!! あんなのが欲しかったのよ~。ありがとお~。」
と大好評だった。

 「そこまでケチケチしなくっても」という意見もないわけではないが、では、市販品で、ちょうど良いサイズで、手ごろな値段で購入できるものがあるかどうか、一体誰が探しに行って、誰が要求を出して、病院がどれくらいの期間で実際に購入してくれるのか、といったことまで考えると、今回のこのアイデアは、製作時間は約 5 分で、材料費は 10 円以下なので、コストパフォーマンスは非常に高い。

 自己満足かもしれないが、私はこんなことに「至福の喜び」を感じてしまうのだ。捨てて行かれるゴミにも、少し頭を使えば使い道があるものも多々あるように思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック