ロボット補助下腹腔鏡根治的前立腺切除術中の最適な PEEP 値

Optimal positive end-expiratory pressure during robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy
Korean J Anesthesiol. 2013 Sep;65(3):244-250 Published online 2013 September 25

・腹腔鏡手術中の腹圧上昇は横隔膜の頭側への移動を惹起し、無気肺を形成する結果となるが、呼気終末陽圧(PEEP)によって防げる可能性がある。本前向き研究の目的は、ロボット補助下腹腔鏡根治的前立腺切除術(RLRP)中の適切な動脈血酸素化と血行動態を維持するのに適切な PEEP 値を調査することであった。

・RLRP を受ける 100 人の患者は、5 群(n=20)(PEEP 0、3、5、7、10cmH2O)のうちの 1 群に、無作為に割り当てられた。循環動態変数と呼吸パラメータは、ベースラインでは患者を仰臥位にして; CO2 吹送中は、30 分、1、2、3、4 時間の時点で患者をトレンデレンブルク体位にした後に;
脱気後は仰臥位で PEEP を増加させながら測定した。

・PaO2 レベルと肺胞動脈酸素分圧差(AaDO2)は、PEEP を使用しなかった患者と比較して、PEEP 患者では改善された。PEEP(10cmH2O)の適用はPEEP レベルが低い群と比較して PaO2 レベルが高いという結果になったが、過剰な最高気道内圧(PAP)がしばしば観察された。7 cmH2O の PEEP の適用は、過度の PAP をきたすことなく、同程度の PaO2 レベルに終わった。中心静脈圧は、群間に有意差があったが、心拍数、平均動脈圧、分時換気量に関しては群間に有意差はなかった。

・7 cmH2O の PEEP は、RLRP 中に、過度の PAP をきたすことなく、PaO2 と AaDO2 の大幅な改善と関係している。


<関連記事>

1.高 PEEP はプロポフォール麻酔下腹腔鏡下胆嚢摘出術中の脳酸素飽和度を温存する

2.腹腔鏡中の呼気終末陽圧; 心臓と肺に及ぼす効果

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック