PEEP 5 vs 8 cmH2O が心臓術後の転帰に及ぼす効果を比較

Comparison of Positive End-Expiratory Pressure of 8 versus 5 cm H2O on Outcome After Cardiac Operations
J Intensive Care Med January 31, 2014 Published online before print January 31, 2014, doi: 10.1177/0885066613519571 Hansen JK, et al.

・心臓術後に人工呼吸されている患者では、呼気終末陽圧(PEEP)の選択は、多くの場合、ランダムなようだ。この調査の目的は、術後早期の気管挿管時間(主要評価項目)、心血管集中治療室(CVICU)在室期間、入院期間(LOS)、肺炎の発生、院内死亡率(副次評価項目)について、当院で最も一般的な術後の初期 PEEP 設定の 2 値、8 と 5cmH2O を比較することであった。

・冠動脈バイパス術(CABG)単独か、あるいは、CABG と弁手術の複合手術後に人工呼吸された患者の電子診療録を検討した。傾向スコアマッチングを使用して、先に挙げた主要、および副次評価項目について、術後の初期 PEEP 設定値が 8 cmH2O であった患者(n=4722 [25.9%])を、5 cmH2O であった患者(n=13 535 [74.1%])と比較した。

・PEEP 8cmH2O と PEEP 5cmH2O の患者群間で、術後早期の挿管時間に差は認められなかった(平均 11.9 vs 12.0 時間[中央値 8.2 vs 8.8時間]、P=0.89)。2 群は、肺炎の発生(0.43% vs 0.60%、P=0.25)にも、院内死亡率(0.47% vs 0.43%, P=0.76)にも差がなかった。吸引性肺炎の発生は、有意差に近かった(0.06% vs 0.21%, P=0.052)が、CVICU LOS(平均 47.9 vs 49.8 時間[中央値:28.5 vs 28.4 時間]、P=0.057)と同様に統計的には差がなかった。在院期間にはわずかに差(7.7 vs 7.4日、PEEP= 8 vs 5、P<0.001)があったが、臨床的には重要ではなさそうであった。

・術後初期の PEEP 設定値 8 vs 5cmH2O で人工呼吸を受ける患者では、唯一在院期間だけに有意差があったが、その差は、おそらく臨床的に重要ではなかった。したがって、臨床徴候のないこれらの患者で 8 cmH2O の PEEP の使用は、おそらく有害ではないにしろ、有益ではないようである。

[!]:酸素化が悪くなければ、心臓術後の人工呼吸時の PEEP は 5 cmH2O で十分であると。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック