レミフェンタニルの妊婦管理鎮痛と硬膜外鎮痛の比較: 無作為対照試験のメタ分析

A Comparison of Remifentanil Parturient-Controlled Intravenous Analgesia with Epidural Analgesia: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials
Anesthesia & Analgesia: March 2014 - Volume 118 - Issue 3 - p 598?603 doi: 10.1213/ANE.0000000000000077 Liu ZQ, et al.

・硬膜外鎮痛は、一般的に分娩時の疼痛緩和の最も効果的な方法として受け入れられている。レミフェンタニルの患者管理静脈内鎮痛(PCIA)は、硬膜外鎮痛よりも低侵襲でり、魅力的な代替法となる可能性がある。本メタ分析では、分娩時痛に対する 2 種類の鎮痛法の有効性と安全性を比較した。

・ PubMed、EMBASE、コクラン・ライブラリのデータベースを、2 名のレビューアが独立して検索して、該当する無作為対照臨床試験を取得した。主要エンドポイントは、1 時間、2 時間の時点での疼痛スコア、副次エンドポイントは、悪心、嘔吐、掻痒、臍帯動脈血 pH 値であった。平均差(MD)か、95% 信頼区間(CI)付きのリスク比を、各エンドポイントについて計算した。 GRADE プロファイラを適用して、エビデンスの質を評価した。

・5 件の該当試験が取得され分析された。レミフェンタニル PCIA を受けた妊婦の方が、硬膜外鎮痛を受けた患者よりも VAS(10 cm 尺度)疼痛スコアが高いことを見出した:鎮痛開始後 1 時間(MD=1.9cm、95%信頼区間、0.5-3.3、I2=94%)、2 時間(MD= 3.0cm、95% 信頼区間、0.7-5.2、I2=89%)。嘔気、嘔吐、掻痒の発生率、臍帯動脈血 pH 値については、硬膜外鎮痛とレミフェンタニル PCIA 群間には統計的な差はなかった。ただし、信頼区間は非常に広く、臨床的に有意な差が含まれている。GRADE プロファイラによると、1 時間後の疼痛スコアの質が低いことを除いては、ほとんどのエンドポイントは中程度の質を有していた。

・本メタアナリシスは、レミフェンタニルの PCIA による分娩時の鎮痛効果は、硬膜外鎮痛よりも優れていないことを示唆している。副次的な妊婦と新生児のアウトカムとしてプールした結果の信頼区間が広いことを考慮すると、これらのアウトカムからは、明確な結論は引き出せない。これらの結論を検証するためには、さらなる研究が実施されてしかるべきである。

[!]:硬膜外を選択するか、レミフェンタニル IVPCA を選択するかは、医師の習熟度と患者受容性のバランスかな。

<関連文献>

1.無痛分娩:レミフェンタニル IVPCA とロピバカイン+フェンタニルの硬膜鎮痛を比較した無作為対照試験

2.陣痛中のレミフェンタニル患者管理鎮痛 vs 硬膜外鎮痛:多施設無作為対照試験(研究プロトコル)

3.分娩時レミフェンタニルの PCA vs PCEA の有効性と呼吸に対する効果

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック