Q:挿管介助の BURP 法とは何か?

A:「B=backward、U=upward、R=rightward、P=pressure」の略

直接喉頭鏡を口腔内に挿入して喉頭展開した時に、喉頭蓋は確認しできるが、声門の全体像が十分に視野に入れられない場合、介助者が喉頭(甲状軟骨部)を「後方(backward)、上方(upward)、右方(rightward)」へ圧迫する(pressure)と、声門が見えやすくなる。
画像

なぜ、Rightward(右方)なのかというと、そもそもマッキントッシュ喉頭鏡は、左手で把持して、ブレードの先端を舌の右方に挿入していって、舌を左に避けるようにしながら喉頭展開を行っているので、どちらかというと舌根部の右側がよく視野に入るように展開されており、目的とする声門はやや視野の左側に存在することが多い。したがって、喉頭を右方に移動することで視野の中央に持ってくるわけだ。

気管挿管に慣れてきたら、介助者ではなくて、まず自分の右手で BURP 操作をやってみて、一番視野が良くなる圧迫の仕方を確認してから、今度は介助者の手を使って、同じ圧迫が行われるように誘導してあげると、最良の BURP 下で気管挿管を行うことができる。これを「External Laryngeal Manipulation:ELM」(外的喉頭操作)とも言うようだ。

これに似た操作で「輪状軟骨圧迫(クリコイド・プレッシャ、cricoid pressure)」というのがあるけど、これは圧迫部分も目的も違うよね。これはまた別の機会に話をしよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Q:セリック手技(Sellick maneuver)とは?

    Excerpt: A:クリコイドプレッシャー(cricoid pressure)、輪状軟骨圧迫法とも呼ばれる。ちなみに、輪状軟骨は英語で、"cricoid cartilage"。 通常、迅速導入(Rapid Sequ.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2015-12-09 10:42
  • Q:クラッシュか、それともアウェイクか?

    Excerpt: A:日常診療のホームグラウンドが手術室である麻酔科医の私は、基本的に、幾多の苦い経験から、『手術室内では 「クラッシュ→アウェイク」、手術室外では 「アウェイク→クラッシュ」の順に考慮』し選択している.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2015-12-27 10:47