Q:気管挿管を伴う全身麻酔の導入時にルーチンにチェックするべき 7 項目とは?

A:以下は「手術安全チェックリスト」の「サイン・イン」に記されている項目である。
画像

【1】 麻酔器のチェック;麻酔器の回路チェックを行い、最低限陽圧換気が可能であることを確認しておく。

【2】 薬品のチェック;必要な薬剤がすべて揃っているか確認する。導入時の低血圧が予想される場合には、エフェドリンやフェニレフリンもあらかじめシリンジに吸っておく。

【3】 パルスオキシメータの装着と動作確認;パルスオキシメータは麻酔科医にとっての最大の武器である。最大の武器を持たずして、戦いに挑んではいけない。

【4】 アレルギーの有無;麻酔導入時には一度に複数の薬物を使用するので、アナフィラキシー発生の可能性はいつも念頭に置いておくべきである。

【5】 気道確保困難のリスク:容貌や顎の形態、開口制限の有無、歯牙動揺の有無を、麻酔導入前に再度チェックしておき、その可能性がある場合には、次善の策を準備しておく。

【6】 誤嚥のリスク:緊急手術では常に誤嚥のリスクを想定するべきであり、胃内容量増加や胃内圧上昇、下部食道括約筋機能異常、喉頭機能不全などのリスクファクターがないかどうか再度チェックを行う。また、もしも口腔内への逆流や分泌物を認めた場合には即座に吸引ができるように吸引管の準備を怠ってはいけない。

【7】 出血のリスク;出血リスクのある手術に際しては、十分な太さの静脈カテーテルを留置し、場合によっては 2 ラインを確保しておく。当然のことながら病院内に使用できる血液があるかどうか、保管部署に問い合わせておく必要がある。

 「手術安全チェックリスト」に挙げられている項目は、ただひたすらに必要な項目を並べ立てるのではなく、本当に重要な、準備を怠っているとしばしば患者の生命に直結するような重大なイベントに発展する可能性のある、最低限のチェック項目が列挙されている。

 この 7 つのチェック(ADAPADaB:「アダパダブ」)だけは怠ってはいけない!

[A]nesthesia Apparatus
[D]rug
[A]llergy
[P]ulse Oxymeter
[A]spiration
[D]ifficult [A]iway
[B]lood Loss

「アダパダブ・・・、アダパダブ・・・・、アダパダブ・・・」

<参考>
実施マニュアル WHO 手術安全チェックリスト 2009
手術安全チェックリスト(2009年改訂版)

<関連記事>
当院でも手術室安全チェックリストの運用を開始した!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック