外傷誘発性凝固障害

Trauma-Induced Coagulopathy
Current Anesthesiology Reports published online 9 May 2014

外傷は年齢 44 歳未満の人々の主要な死亡原因である。出血は最初の 48 時間内の外傷関連性死亡の主要原因である。したがって、これらの患者管理は、外科的蘇生を担当する麻酔科医が直面する、一刻を争うかつ危機的事態である。外傷関連性凝固障害は、病院搬入時に、全重傷患者の三分の一に存在する。凝固障害を呈した外傷患者は、有意に高い死亡率を有する。この外傷誘発性凝固障害(TIC)は、これらの患者の蘇生において巧みに管理する必要がある。TIC に対する我々の理解における最近の進歩は、新しいプロトコルと治療のガイドラインへと導いた。麻酔科医は、こお種のショックを効果的に管理するために、これらを知っている必要がある。 TIC は、内因性の生物学的過程だけでなく、医原性の原因と相まって駆動され、最終的には低体温、代謝性アシドーシス、血液凝固障害という死の三徴いう結果を招きうる。プロバイダは、速やかに TIC を診断する方法を理解しておき、大量輸血の早期指標を知っている必要がある。一般的臨床検査と患者バイタルサインの使用は、現行の指標として役立つが、それぞれの重要性についてはまだ議論中である。トロンボエラストグラフィーは、TIC 診断にしばしば使用されるツールであり、血液製剤の輸血をガイドするのに使用できる。特定の薬物投与戦略や輸血によらない戦略も存在し、出血性ショック管理に役立つ。ダメージコントロール手術、再加温、トラネキサム酸、1:1:1 輸血プロトコルは重傷患者を治療するのに使用される有望な方法である。プロトコルが作成されてきてはいるが、最適な蘇生戦略についてはまだ議論がある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック