■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2014-09-09





【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。
(1) PR (2) VO2 (3) LCC (4) HC (5) CRBBB

[解答]
(1)pulse rate:脈拍数
(2)oxygen consumption:酸素消費量
(3)luxatio coxae congenita:先天性股関節脱臼
(4)hepatic cirrhosis:肝硬変
(5)complete right bundle branch block:完全右脚ブロック



[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(心臓・血管) ペースメーカ機能不全の中で、自己拍動が出てもそれを検知せずにスパイクを発する状態を何というか?
1) アンダーセンシング
3) ペーシング不全
5) オーバースパイク
2) オーバーセンシング
4) トリガー不全


[解説] ペースメーカ機能不全には、大きくペーシング不全とセンシング不全があり、自己拍動が出てもそれを検知せずにスパイクを発する状態はセンシング不全の中でもアンダーセンシングと呼ばれる状態である。この場合の対処はR波のセンシングの感度を上げることである。


[正解] 1 [出典] 心電図マニュアルP140




【問題3】(肝・腎・消化管) 心拍出量が5リットルの時、腎血漿流量(RPF)はどれくらいか?
1) 400~500ml/min
3) 100~150ml/min
5) 600~700ml/min
2) 800~1000ml/min
4) 200~300ml/min


[解説] 腎血流量は心拍出量の25%であるので、心拍出量が5リットルの時、腎血流量は1分間あたり1250mlである。さらに腎血漿流量はHt=45%とすると血漿成分は55%であるので、1250×0.55=687.5ml.


[正解] 5 [出典] クリティカル記憶術2P169




【問題4】(呼吸) 人工呼吸からの離脱基準の一つとして、呼吸効率を呼吸数(/min)/1回換気量(L)で評価する場合、いくら以下であるべきか。
1) そんなこと関係ない
3) ≦300
5) ≦100
2) ≦200
4) ≦50


[解説] 人工呼吸からの離脱に先立って全身状態、循環動態の安定化、理想的には患者の協力性が得られるのがよい。そのうえで肺酸素化能、換気機能が十分であることが必要である。酸素化能:吸入酸素濃度≦40% & PEEP≦8cmH2O→PaO2≧80mmHg。換気機能:1回換気量≧5ml/kg、分時換気量≦10L/min、呼吸数≦35/min。メカニクス:最大吸気力≧-20~30cmH2O、肺活量≧10ml/kg。呼吸効率:呼吸数(/min)/1回換気量(L)≦100。この評価の仕方は出血性ショック時、ショックインデックス(HR/SBP)≦1となるように管理する方法と似ている。


[正解] 5 [出典] 呼吸管理必携P244

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック