口腔手術後の予期せぬ経鼻挿管チューブ抜去困難

Unanticipated difficult nasotracheal extubation following oral surgery
Acta Anaesthesiologica Taiwanica Published Online: July 26, 2014

気管チューブの抜管困難はまれではあるが、それが予期されず、準備が不足している場合には、特に、生命を脅かす可能性のある危険な問題である。これらのほとんどの症例は、口腔顔面手術に関連している。著者らは、この記事で、口腔癌のある患者 2 人で、腫瘍切除後に気管チューブをキルシュナーピンが貫通し、チューブを上顎骨に固定していたために予期せぬ術後経鼻挿管チューブ抜去困難をきたした症例を提示している。ピンは気管支ファアイバーで発見された。いずれの患者も、貫通してピン、ならびに気管チューブを除去するために即座に手術室に戻った。本記事では、気管チューブ抜去困難のよくある原因と、これらの状況に対処する戦略が議論されている。

[!]:スワンガンツカテーテルの抜去困難、無理やり抜去して心タンポナーデってのはよく聞く話だが、気管チューブ抜去困難か、へ~、そんなこともあるんだ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック