■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2015-01-30




【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (i_______) (d_____________) : 体内除細動

(2) (i__________) (a_________) (d___) : 静脈麻酔薬

(3) (a_________) : 吸収/吸着

(4) (a_____) (v____________) : 大動脈弁形成[術]

(5) (p__) (p____) (t___) : 針刺激痛覚検査/ピン刺激痛覚検査


[解答]
(1)internal defibrillation(2)intravenous anesthetic drug
(3)absorption(4)aortic valvuloplasty
(5)pin prick test


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(血液) 輸血療法について正しいのはどれか?

ア:保存血の2・3-DPGが高濃度であるほど赤血球から組織に放出される酸素が増加する。

イ:平均的成人女性の推定血液量は約75ml/kgである。

ウ:輸血による変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の伝播のリスクを完全には排除できない。

エ:血小板濃厚液は2~6℃で振とうしながら貯蔵する。

オ:赤血球濃厚液(RCC-LR)の上清カリウム濃度は保存21日後には約39mEq/Lに達する。


[解説] ア:○:保存血の2・3-DPGが高濃度であるほど、酸素解離曲線は右方移動し、赤血球から組織に放出される酸素が増加する。
イ:×:平均的成人男性の推定血液量は約75ml/kgであり、平均的成人女性では約65ml/kgである。
ウ:○:輸血による変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の伝播のリスクを完全には排除できない。
エ:×:血小板濃厚液は20~24℃で振とうしながら貯蔵する。いわゆる「常温保存」なので細菌感染した血小板液は輸血感染症の大きなリスクとなっている。
オ:○:赤血球濃厚液(RCC-LR)の上清カリウム濃度は保存21日後には約39mEq/Lに達する。照射血では約57mEq/Lにも達する。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p33-39、各種血液製剤添付書



【問題3】(心臓・血管) 内頸静脈あるいは鎖骨下静脈から中心静脈カテーテルを挿入する場合、カテーテルは何センチ挿入するのが適当か?
1) 5cm 2) 20cm 3) 10cm 4) 15cm 5) 25cm

[解説] 成人で内頸静脈あるいは鎖骨下静脈から中心静脈カテーテルを挿入する場合、カテーテルは15センチ、大腿静脈からは40センチ挿入するのが適当である。


[正解] 4 [出典]



【問題4】(呼吸) 成人の換気を維持するには最低内径何ミリの気管内チューブが必要か?
1) 5mm 2) 2mm 3) 3mm 4) 4mm 5) 6mm

[解説] 成人の換気を維持するには最低内径4ミリの気管内チューブが必要で、これ未満では成人の換気は困難である。ポアセイユの法則(R=8μL/πr4)によると、太さ(内径)が半分になると気道抵抗は16倍になる。


[正解] 4 [出典] クリティカル記憶術1P25

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック