職場でラジオ体操を始めて 2 ヶ月!

 昨年年末の 12 月中旬から、手術室スタッフの提案のもと、有志数人で朝 8:05 から手術室の前室(患者さんが病棟のストレッチャから手術室用のストレッチャに乗り換える、あるいは歩行入室した患者さんに手術室用ストレッチャに横になってもらうスペースで 20 畳くらいあるのかな?)でラジオ体操を始めた。

 手術室受付にある電子カルテ用 HIS 端末 PC には、スピーカも内蔵されてなかったので、アマゾンの合わせ買いで安い(なんと¥ 364)USB 接続スピーカを購入して接続した。

 その PC に、 定刻になったら自動的に「ラジオ体操」の音楽が再生できるようにした。Vector からダウンロードした「ExeTimer」という自動実行プログラムを 「スタートアップ」に入れて実行させている。PC が起動されている時だけ自動実行されるので、土日や祝祭日の、誰も勤務していない日には再生されることはない。

 朝、7:30 に出勤して、最初にやるのが、受付の PC の電源投入と、スピーカに電源投入して、前室側に配置することだ。

 ちょっと工夫したのは、いきなり「ラジオ体操」の音楽が流れ始めるのではなく、ラジオ体操の歌「新しい朝が来た!希望の朝だ。 喜びに胸を開け 大空あおげ~・・・・」という歌が流れて、数秒後に「ラジオ体操」の音楽が流れるようにしたことだ。つまり、8:05 になって、「ラジオ体操の歌」が流れると、その歌を合図に、有志が前室に集まれるようにした。

 具体的には、「ラジオ体操の歌」と「ラジオ体操の音楽」を数秒の間を置いて音楽編集プログラムで合体させたのだ。

 ほんの 3 分程度だが、真剣にやるとうっすら汗がにじむ。なんとなく、日々の体調が以前に比べてよい感じだ。

 習慣化するためのポイントは、

1.ほんのちょっとの努力

2.それを支援するための環境のカスタマイズ

ではないかと思っている。

良い習慣なので、これからも続けて行けたらいいなあ、と思っている。

皆さんの施設でもやってみませんか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック