■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2015-09-18





【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。
(1) ECMO (2) MAP (3) IPSP (4) LVSW (5) TIVA

[解答]
(1)extracorporeal membrane oxygenator:体外膜型肺/膜型人工肺
(2)mannitol-adenine-phosphate:マンニトール-アデニン-リン酸
(3)inhibitory postsynaptic potential:抑制性シナプス後電位
(4)left ventricular stroke work:左室1回仕事量
(5)total intravenous anesthesia:全静脈麻酔



[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(肺疾患患者への注意) テオフィリンについて正しい記述はどれか。

ア:負荷投与は5-6mg/kgを20分かけて静注する。

イ:喫煙者では投与量を増加する必要がある。

ウ:テオフィリンで上腹部手術後の横隔膜の動きが改善する。

エ:シメチジンを投与されていると、テオフィリンの作用時間が延長する。

[解説] テオフィリンの負荷量は5-6mg/kgであり、維持量は0.5-0.9mg/kg/hrである。中毒となると、嘔吐、頻脈、不整脈、痙攣などが起こる。シメチジンは、肝臓のチトクロームP-450系を抑制し、テオフィリンの代謝が遅くなる。


[正解] (全て) [出典] 麻酔科クリニカル問題集




【問題3】(麻酔薬) ベクロニウムの代謝産物である3-deacetylvecuroniumには筋弛緩薬としての活性が( )、( )から排泄される。
1) なく、肝臓と腎臓
3) なく、肝臓
5) あり、腎臓
2) あり、肝臓
4) なく、腎臓


[解説] ベクロニウムは肝臓で代謝される(50~60%)か、そのままの形で排泄される。代謝産物である3-deacetylvecuroniumはベクロニウムの約60%の活性をもち、腎臓から排泄される(40~50%)。したがって、肝機能や腎機能低下患者では作用時間が延長する。集中治療室で数日間ベクロニウムを投与された腎不全患者でベクロニウム投与中止後の遷延性筋力低下が報告されている。


[正解] 5 [出典] 高齢者の麻酔p161




【問題4】(代謝・内分泌) 非蛋白カロリー量(NPC)はどのように計算されるか?
1) ブドウ糖×4+脂肪×9
3) ブドウ糖×4+脂肪×5
5) ブドウ糖×9+脂肪×4
2) ブドウ糖×5+脂肪×9
4) ブドウ糖×5+脂肪×4


[解説] 一般に高度侵襲下にある重症救急患者では蛋白代謝が亢進しているため、窒素量を多く投与する必要がある。有効に利用される窒素量は投与される非蛋白カロリー量に影響されるため、投与窒素量は非蛋白カロリー/窒素比(NPC/N)で表す。NPC/Nが低いほど投与窒素(蛋白)量が多いことになる。病態別のNPC/Nの目安は、(1)広範囲熱傷:100~120 (2)重症感染症:130~150 (3)重症外傷、術後急性期:130~150 (4)安定期:150~170。NPC=糖(g)×4+脂質(g)×9。N=アミノ酸/6.25


[正解] 1 [出典] 救急認定医診療指診P164

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック