外傷での大動脈バルーン閉塞:緊急治療室への患者の到着時にすでに集学的アプローチを実証する 3 例

Aorta Balloon Occlusion in Trauma: Three Cases Demonstrating Multidisciplinary Approach Already on Patient's Arrival to the Emergency Room.
Cardiovasc Intervent Radiol. 2015 Oct 9. [Epub ahead of print]

・本研究の目的は、重症外傷患者での集学的アプローチに基づいて、大動脈バルーン閉塞(ABO)の使用を明らかにしつつ、外傷初期治療におけるインターベンショナル・ラジオロジストの役割を強調することであった。

・著者らは関連文献、外傷における ABO の技術的側面、出血している外傷患者に対する集学的アプローチについて簡潔に議論している。著者らは、ABO が初期外傷管理の一環として ABO を使用した 3 名の重症外傷患者を記載する。

・3 名の重傷多発外傷患者は、手術や塞栓術への橋渡しとして ABO で治療された。処置は、外傷管理の早期段階でインターベンショナル・ラジオロジストによって行われた。

・インターベンショナル・ラジオロジストと集学的チームアプローチは、外傷患者到着時に既に動員できる可能性がある。ABO の使用やその他の血管内の方法は、広く普及してきており、外傷管理の早期に遅滞なく使用することができ、したがって、集学的アプローチが早期に動員されてしかるべきである。

[!]:重症外傷では、外科系医師と放射線科医、そして麻酔科医を外傷チームとして早期に動員することが推奨される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック