成人の予期せぬ挿管困難管理のための困難気道学会 2015 年のガイドライン

Difficult Airway Society 2015 guidelines for management of unanticipated difficult intubation in adults.
Br J Anaesth. 2015 Nov 10. pii: aev371. [Epub ahead of print]

これらのガイドラインは予期せぬ気管挿管困難に対処するための戦略を提供する。これらは、公表されたエビデンスに基づいている。エビデンスが欠如している場合、それらは困難気道会のメンバーからのフィードバックによって指導され、専門家の意見に基づいている。これらのガイドラインは、危機管理の理解の進歩によって広まってきた。気道管理中の困難の認識と宣言をを強調している。単純化された、単一のアルゴリズムで、今やルーチンの挿管と迅速導入の両方で予期せぬ困難をカバーしている。挿管が失敗した場合の計画は、特に緊急手術に際しては、導入前のブリーフィングに含まれるべきである。評価、準備、体位、前酸素化、酸素化の維持、気道に対する処置による外傷を最小限とすることに力点が置かれている。気道への処置の回数は制限されることが推奨されており、ブジーを使用したり、声門上気道器具を導管とした盲目的な手法は、ビデオやファイバをガイドとした挿管に取って代わられている。気管挿管が失敗した場合は、どうやって進めるかを再考しつつ、酸素化のルートを提供するために声門上気道器具が推奨されている。第二世代の器具は、利点を有しており推奨されている。気管挿管と声門上気道器具の挿入の両方が失敗した場合には、患者を覚醒させるのが既定の選択肢である。もしもこの段階でフェイスマスクによる酸素化が、筋弛緩を効かしても不可能な場合には、輪状甲状軟骨間膜切開をすぐに実施すきである。スカルペルによる輪状甲状軟骨間膜切開が、好ましいレスキュー手法として推奨されており、全ての麻酔科医によって訓練されるべきである。フローチャートは、単純かつ遵守しやすいように作成されている。ガイドラインは定期的にリハーサルをし、手術室チーム全員が慣れ親しむべきである。



ポケット判気道管理ガイドブック
ぐるぐる王国DS 楽天市場店
岡本浩嗣/監修 黒岩政之/編集本詳しい納期他、ご注文時はご利用案内・返品のページをご確認ください出版

楽天市場 by ポケット判気道管理ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック