脊椎外科用の周術期血液保護戦略

Perioperative blood conservation strategies for Major Spine Surgery
Best Practice & Research Clinical Anaesthesiology, Published Online: November 28, 2015

・背景:整形外科手術、特に脊柱と脊柱変形の手術は、周術期出血量が多いことに関連付けられている。過剰な出血と不要な輸血の危険性を低減するために、目標指向型凝固能管理など「患者血液管理」のような戦略が作成されている。

・最近の知見:異系輸血の副作用は、整形??外科手術を含むほとんどの手術分野で示されている。術前の赤血球(RBC)量を増加jし、術中出血量を減少させ、RBC 輸血を最小限としたり回避するために制限的輸血トリガーを使用して、様々な努力が行われてきた。術中出血量を減少させる手段には、新しい手術法、可能な部位では血液回収の使用、ベッドサイド検査機器による凝固管理、凝固因子の置換、抗線維素溶解およびデスモプレシン、人為的低血圧、低体温の回避などがある。

・概要:脊椎手術で血液保全は、学際的なアプローチであり、個別の対策のほとんどは有効性が示されている。患者の長期的転帰に及ぼす費用効果と利点が、現在および今後のの研究課題である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック