術中の軽度低血圧と一般手術患者における脳梗塞との関連性

The Association Between Mild Intraoperative Hypotension and Stroke in General Surgery Patients.
Anesth Analg. 2016 Oct;123(4):933-9. doi: 10.1213/ANE.0000000000001526.

・術中低血圧は、周術期脳梗塞の一因となる可能性がある。そこで、著者らは、術中低血圧が周術期脳梗塞と関連しているという仮説を検証した。

・本症例対照研究のための施設審査委員会の承認後、著者らは 2005 年から 2011 年までにクリーブランドクリニックで全身麻酔下に、脳外科や心臓、頸動脈手術でない手術を受け、術後脳梗塞を経験した患者を同定した。術後脳梗塞を経験していない対照患者は、傾向スコアと脳梗塞群と同様の手術術式への制限を使用して、4 対 1 の割合で一致させた。平均動脈圧(MAP) 70mmHg 下で時間積分面積として測定した、術中低血圧と術後脳梗塞との関連付けは、ゼロ拡張した負の二項回帰を用いて評価した。

・選択基準を満たす 106337 人の患者の中で、著者らは手動での診療録検証をもとにして術後脳梗塞が確定された 120 人の患者を同定した。4 対 1 傾向マッチングによって最終的な相応サンプル 104 件の脳梗塞患者と 398 人の対照群が得られた。脳梗塞と術中低血圧との間に関連はなかった。脳梗塞患者の方が、対照群よりも低血圧である可能性が高いと言うことはなく(オッズ比、0.49[0.18~1.38])、術中低血圧の患者の中では、脳梗塞患者は対照群よりも高度の低血圧をきたさなかった(幾何平均比、1.07[0.76~1.53])。

・著者らの傾向スコアをマッチさせた症例対照研究では、MAP<70mmHg と定義した術中低血圧と術後脳梗塞との間に関連性を見い出すことはできなかった。

[!]:術中平均血圧<70mmHg でも、脳梗塞の心配はないと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック