Q:レミフェンタニルを投与終了するタイミングは?

選択肢:
1.閉創が開始になったら
2.手術が終了したら
3.抜管したら
4.帰室許可が出せたら

周囲を見ると、まだ抜管もできていないのに早々にレミフェンタニルの投与を終了している医師もいる。麻薬の後処理が面倒なので、「早く投与を終了して、麻薬伝票の処理をしてしまいたいから!」という理由もあるのだろう。

しかし、手術が終了しても、抜管がまだなら、麻酔による侵襲はまだ継続している。気管チューブが留置された状態で激しく咳込むと、声帯の粘膜は強く気管チューブに押し付けられ、また気管チューブのカフや先端は気管粘膜と強く摩擦されて表面を傷つけて、抜管後の喉頭痛や嗄声、上気道不快感の原因となる。

若い女性で激しい咳の後に救急外来を訪れることがある。肋骨にひびが入ってしまってのことである。激しい咳嗽は、それ自体が自傷行為となってしまう。これを可及的に回避するのも麻酔科医の役目であろう。

レミフェンタニルは即効性かつ即消退性なので、抜管まで低濃度で持続するのがよい。ただ、術中にフェンタニルも併用投与しており、手術が終了して抜管のタイミングになる頃に、フェンタニルの十分な効果部位濃度が維持されているようならば、レミフェンタニルを早く終了してしまうことも可能だ。

Q:穏やかな覚醒を得るためには? 」にも記載したが・・・、

覚醒時に、オピオイド(通常は、フェンタニルかレミフェンタニル)の効果部位濃度を維持してやることが穏やかな覚醒を得るための 1 つの方法である。レミフェンタニルを使用しているのならば、手術終了と同時に中止してしまうのではなくて、抜管が終了するまで効果部位濃度が 1~2ng/mL となるように維持投与する。

レミフェンタニルとフェンタニルを併用している場合には、いずれも同じμレセプターにほぼ同力価で作用すると考えられているので、両効果部位濃度の合計値が 1~2ng/mL となるように維持投与する。

というのが、正解だと考えている。

<関連記事>
レミフェンタニルの咳嗽予防効果 ~ 術式、性別、麻酔法(まとめ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック