英語論文抄録の紹介記事の形式を変更するよ!

現在、論文抄録の紹介記事は、「タイトル」に原論文タイトルの日本語訳を、「本文」の文頭には、原論文の英語タイトル(URL をリンク)と収載誌(略誌名).出版年 月;巻(号):掲載頁などを記載しているが、短い和文タイトルだけだと、論文内容の前後関係があまり分からない。

また、英語アレルギーの人にとっては、記事本文の頭に英文タイトルが記されていて、それを見るだけでブログ内容まで読もうという気が失せてしまう人もいるかもしれない。

そこで、長年堅持し続けてきたブログ本文の形式を変更して、抄録の日本語訳で始めることにした。そうすることにより、論文のコンテクストが分かりやすくなり、タイトルの日本語訳だけではなくて、少しは抄録内容にも目を通してみようという意欲が湧くかもしれない。

原著者の方々にはたいへん失礼なのだが(そもそも当ブログの記事には、原著者名さえ記載していないという、とんでもなく失礼なブログなのだが・・・)、原著タイトルと収載誌(略誌名).出版年 月;巻(号):掲載頁などを、【出典】という見出しで、抄録の日本語訳の後ろに記載することにした。

「その方がいい!」と思う人はガッテン気持ち玉をクリック!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック