■臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題■ 2017-02-14




【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (_____a) : 狭心症/アンギナ/口峡炎/扁桃炎

(2) (t________) (s____) : 外傷性ショック

(3) (c_______) (a_____) : 脳無酸素症

(4) (j__) (n________) : ジェットネブライザ

(5) (n_________) (n_______) : 残余窒素/非タンパク窒素


[解答]
(1)angina(2)traumatic shock
(3)cerebral anoxia(4)jet nebulizer
(5)nonprotein nitrogen


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(静脈麻酔) 次のうち正しいのはどれか。

ア:ベンゾジアゼピンはGABA受容体の感受性を増し、ナトイウムイオンチャネルを開孔して薬理作用を発現する。

イ:バルビツレートはGABA受容体複合体に作用する。

ウ:フルマゼニルはベンゾジアゼピン受容体に特異的に結合して、ベンゾジアゼピンの薬理作用を拮抗する。

エ:フルマゼニルの作用時間はベンゾジアゼピンの作用時間よりも長い。

[解説] ベンゾジアゼピンはGABA受容体の感受性を増し、クロルイオンチャネルを開孔して薬理作用を発現する。バルビツレートはGABA受容体複合体に作用して、GABA依存性Clチャネル開孔の持続時間を増大させる。フルマゼニルはベンゾジアゼピン受容体に特異的に結合して、ベンゾジアゼピンの薬理作用を拮抗する。フルマゼニルの作用時間は比較的短いので、ベンゾジアゼピン作用薬効果の復帰のために、フルマゼニルの反復投与を必要とすることがある。


[正解] (イ)、(ウ) [出典] 第31回麻酔指導医認定筆記試験:A22




【問題3】(中枢神経) 脳死判定に際して、通常は必須検査とされないのはどれか?
1) 脳波
3) カロリックテスト
5) 脳血管造影
2) 頭部CT
4) 無呼吸テスト


[解説] 脳死判定の必須検査:無呼吸テスト、カロリックテスト(脳幹反射の全ての消失)、頭部CT(原疾患確定のためにほとんど必須、ただし脳死判定基準には含まれていない)、脳波などは通常必須とされるが、聴性脳幹反応や脳血管造影は補助診断法との位置付けでありかならずしも必要ない。


[正解] 5 [出典] 救急認定医診療指診P253




【問題4】(呼吸) 急速な呼気終末炭酸ガス濃度の低下を認めないのはどれか?
1) 重度の低換気
3) 低心拍出量(心原性ショック)
5) 極端な過換気
2) 重症の肺塞栓
4) 代謝の増加


[解説] 急速な呼気終末炭酸ガス濃度の低下を認める場合、重症の肺塞栓、低心拍出量(心原性ショック)、重度の低換気、極端な過換気を考える必要がある。代謝の増加の場合には、呼気終末炭酸ガス濃度は増加する。


[正解] 4 [出典] ICUトラブルシューティングP88

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック