肥満症手術患者における術後悪心嘔吐:観察研究

・肥満症手術を受ける患者の術後悪心嘔吐(PONV)のリスクは不明である。本研究の目的は、PONV リスクと PONV 予防の使用と有効性を調査することであった。

・本前向き観察研究には、完全静脈麻酔による肥満症手術を受ける 74 人の患者が含まれた。患者は公表されたガイドラインと単純化された PONV リスクスコアに基づいて PONV 予防を投与された。周術期データを収集し、PONV を評価するために術後 2、4、6、24、48、72 時間後にアンケートを使用した。データは 95% 信頼区間付きのリスク(%)として表示する。

・手術後 24 時間以内に患者の 65%(54~75)が PONV を経験し、リスクは PONV の危険因子数とともに増加した。PONV は、24 時間に女性の 78%(66-87)と男性の 26%(12-49)に発生した。ガイドラインに関連して、1 人の患者が最適量以下の PONV 予防を受け、23% が最適予防量を投与され、76% が最適量以上の予防を投与されていた。PONV リスクは最適予防では 82%(59-94)、最適量以上予防では 59%(46-71)であった。全患者のうち、34%(24-45)が 24 時間に重度の PONV を経験し、活動が制限された。

・肥満症手術患者における PONV の発生率は、現行ガイドラインに従ったPONV 予防レジメンにもかかわらず高かった。これらの結果は、この患者群における通常の PONV 予防の有効性について疑問を投げかけており、肥満症手術患者における PONV 予防と治療のさらなる調査の必要性を指摘している。

[!]:肥満症手術を受ける女性患者では、PONV 発生率が 78% もあると。肥満症では、ガイドライン以上に強力に予防策を講じなくてはいけないということだな。

【出典】
Post-operative nausea and vomiting in bariatric surgery patients: an observational study.
Acta Anaesthesiol Scand. 2017 May;61(5):471-479. doi: 10.1111/aas.12884.
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック