主要な待機的手術を受ける大規模多施設コホートにおける術前ヘモグロビン値と鉄動態

・主要な外科手術を受ける患者の術前貧血は、不良転帰に関連付けられてきた。したがって、術前貧血の早期発見と治療が推奨される。しかしながら、術前貧血管理プロトコルを効果的に実施するためには、その罹患率と主たる原因の推定が必要である。

・著者らは 3342 人の患者(女性が 44.5%)から得たデータを分析した:待機的整形外科手術(n=1286)、心臓手術(n=691)、結腸直腸癌切除(n=735)、根治的前立腺切除術(n=362)、婦人科手術(n=203)、肝転移切除(n=122)。両性について、貧血は、ヘモグロビン値<130g/L、絶対鉄欠乏は、フェリチン<30ng/mL(もしもトランスフェリン飽和度<20%、あるいは CRP>5mg/L)、非機能鉄は、トランスフェリン<20% かるフェリチン>100ng/mL、鉄貯蔵低下はトランスフェリン飽和度>20% かつ フェリチン 30-100 ng/mL と定義された。

・貧血の全体的な有病率は 36% であり、手術のタイプに応じて異なる。鉄動態分類を可能にする検査室パラメータは、2884 人の患者に利用可能であった。貧血(n=986)のうち、677 人(69%)が女性、608 人(62%)が絶対鉄欠乏、101人(10%)が非機能鉄を伴い、150 人(5%)が鉄貯蔵低下を伴っていた。鉄動態の変化は、ヘモグロビンが<130g/L、1または<120g/L の女性では同様であった。貧血でない人(n=1888)は、対応する数値は、それぞれ 656人(35%)、621人(33%)、165人(9%)、518人(27%)であった。

・主要な待機手術を受ける患者の 3 分の 1 に貧血があった。貧血患者の 3 分の 2 以上が絶対的鉄欠乏または非機能鉄を示した。非貧血患者の半分以上が絶対的鉄欠乏または鉄貯蔵低下を呈した。著者らは、これらのデータは、が主要な待機手術の予定した患者の術前管理の計画に有用であると考える。
画像

【出典】
Pre-operative haemoglobin levels and iron status in a large multicentre cohort of patients undergoing major elective surgery.
Anaesthesia. 2017 Apr 6. doi: 10.1111/anae.13840. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック