米国では、PONV 治療にアロマは常識!?

「外来患者の PONV/PDNV の緩和のためのアロマテラピーと標準ケアの比較」の記事に対して、ひめぴょんさんから、「アロマの種類(ラベンダーとか)は何なのでしょうか」とのコメントを頂いたので、ちょっと調べてみました。

本文には、「The AT utilized was a commercially available (QueaseEASE, Newton, Alabama, USA) drug-free, all-natural product consisting of a unique blend of pure essential oils (spearmint [Mentha spicata], peppermint [Mentha piperita], ginger [Zingiber officinale], and lavender [Lavandula angustifolia]).」とあります。

つまり、スペアミント、ペパーミント、ショウガ、ラベンダーから成るオリジナルブレンドの市販品を利用したようです。

この「Quease Ease」というのは、乗り物酔い(車、船、飛行機)や「つわり」の際の、吐き気を治療するためのエッセンシャルオイルで、アマゾンでも購入できるようです。
Amazon : Quease Ease

米国では、これを外来手術時の PONV/PDNV 予防、治療用に一般的に使用しているようで、外来手術(日帰り手術)用の各種医療品を専門にしているサイト(http://www.outpatientsurgery.net/)には、こんな風に紹介されています。
【 日本語訳 】
画像

メーカーは、米国アラバマ州の Soothing Scents 社なのかな。麻酔看護師の資格も持っている Wendy Nichols さんが起業して、医療用の悪心嘔吐予防治療のためにいろいろな精油をブレンドして作ったのが主力商品の「Quease-Ease」ということのようだ。
使い方は、YouTube の動画にあった。
QueaseEASE
QueaseEASE Quick Tab
Quease Ease Demo

Amazon で、¥ 5,295+ 送料 ¥ 340。日常臨床で使用するには、、ちょっと高価すぎるな~。もっと安価なのないかな~と、探しましたら、国内産でありました。これなんかどうだろう?
アマゾン:AMOMA マタニティリフレッシュ 10ml
楽天:AMOMA マタニティリフレッシュ
こちらは、助産師の浅井貴子さんが開発したもので、柑橘系の精油 3 種類(レモン、グレープフルーツ、ベルガモット)をブレンドしたものだ。1 本(10mL)で、1 滴が約 0.05mL なので、約 200 滴分だそうだ。

「つわり軽減・つわり対策アロマ」だが、PONV にもきっと有効だろう。価格:¥ 1,699 と安価だし、麻酔回復室に 1 本常備しておくってのはどうだろうか。

吐き気のあるの患者さんには、ガーゼかマスクに、アロマを 1 滴垂らして、「嗅がせてあげて~」と言って、手術室看護師に任せてしまう。制吐剤を使うよりも簡単で、安くて、さらに効果的かも。

<関連記事>
外来患者の PONV/PDNV の緩和のためのアロマテラピーと標準ケアの比較

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック