■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2017/04/20





【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。
(1) BV (2) HIV (3) VPC (4) FgDP (5) BI

[解答]
(1)blood volume:血液量
(2)human immunodeficiency virus:ヒト免疫不全ウイルス/エイズウイルス
(3)ventricular premature contraction:心室性期外収縮
(4)fibrinogen degradation product:フィブリノゲン分解物
(5)burn index:熱傷指数



[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(局所麻酔) 伝達麻酔について適切な組合せはどれか。

ア: 半月状神経節(Gasser)ブロック―卵円孔

イ: 顔面神経ブロック―茎状突起

ウ: 指ブロック(Oberst)―アドレナリン添加

エ: 肋間神経ブロック―肋骨上縁

オ: 星状神経節ブロック―Horner症候群


[解説] 終末動脈へのアドレナリン(エビネフリン)投与は末梢組織を壊死させるため禁忌。
ア:○ 卵円孔の部位でブロックを行う。
イ:○ 茎状突起の部位でブロックを行う。
ウ:× 終末動脈へのアドレナリン(エビネフリン)投与は禁忌である。
エ:× 胸腔穿刺は肋骨上縁で行うが、肋間神経は肋骨下縁で行う。素人にはお勧めできない。
オ:○ 星状神経節ブロックがうまくいくとHorner徴候が出現する。



[正解] (ア)、(イ)、(オ) [出典] 医師国家試験 77B73



【問題3】(妊婦) 正しいのはどれか。

ア:母体に投与したブドウ糖は胎盤を通過する。

イ:胎児血中のインスリンは母体由来である。

ウ:PGE1は妊娠子宮平滑筋を収縮させる。

エ:硬膜外麻酔では子宮口全開大より児娩出までの時間は延長する。

[解説] ブドウ糖は濃度勾配にしたがって、胎盤を通過する。インスリンは、分子量約5800のポリペプチドであり、通常胎盤を通過しない。PGE1は、非妊娠子宮に対しては弛緩作用、妊娠子宮に対しては収縮作用を示す。硬膜外麻酔では子宮口全開大より児娩出まで(第2期)の時間を軽度に延長する。第1期に及ぼす影響は軽微である


[正解] (ア)、(ウ)、(エ) [出典] 第33回麻酔指導医認定筆記試験:B17



【問題4】(外傷・出血・感染) 熱傷面積の評価方法で、手掌法とは手のひらの広さを体表面積の何パーセントとして算定するか?
1) 3% 2) 0.50% 3) 2% 4) 1% 5) 5%

[解説] 熱傷面積の簡易評価方法として、rule of 9 の他に、手掌法(手のひらの広さを体表面積の1%として算定する)がある。


[正解] 4 [出典] 危機管理P46

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック