術後嘔吐のハイリスク小児での予防的オンダンセトロン+デキサメタゾンへのドロペリドールの追加

デキサメタゾン4.png・デキサメタゾン(DEX)、オンダンセトロン(OND)、ドロペリドール(DRO)の併用は、成人の術後悪心嘔吐の予防に有効であるが、小児では十分に評価されていない。

・全身麻酔下で待機的手術を受け、術後嘔吐(POV)のリスクが高いと考えられる小児を、DEX、OND、プラセボ(A 群)か、または DEX、OND、DRO(B 群)の併用を投与されるよう無作為に割り当てた。主要評価項目は、術後 24 時間の POV の発生率であった。著者らは、標準的な制吐予防に DRO を添加すると、POV の残存リスクがさらに 15% 低下すると仮定した。考慮された副次評価項目は、試験中に発生した有害事象であった。

・年齢 :3 歳から 16 歳の 136 人の小児が A 群に、162 名が B 群に無作為に割り付けられた。POV の総発生率は両群間で有意差はなく、1 回以上の POV 症状を呈したのは A 群で 16人(10.5%)、B 群で 18名(11.1%)であった、P=0.86。B 群(8%)と比較して、A 群(2%)の方が有害事象を示した患者が少なかった、P=0.01。嗜眠と頭痛が報告された主な有害事象であった。

・OND と DEX の併用に DRO を追加しても、POV のリスクが高い小児で 2 剤併用で得られる POV 頻度よりも PO??V 頻度が低下することはなく、眠気のリスクが高まった。POV リスクが高い小児では、DEX と OND の併用が推奨されるべきである。

[!]:POV リスクの高い小児で、デキサメタゾンとオンダンセトロンを併用していれば、ドロペリドールを追加するメリットはない。

【出典】
Addition of droperidol to prophylactic ondansetron and dexamethasone in children at high risk for postoperative vomiting. A randomized, controlled, double-blind study.
Br J Anaesth. 2017 May 15. doi: 10.1093/bja/aex099. [Epub ahead of print]

<関連記事>
デキサメタゾン投与小児の扁桃摘出後悪心嘔吐を予防するプラセボ、ドロペリドール、オンダンセトロン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック