ラリンジアルマスク Supreme と flexible でカフ圧が気道リーク圧に及ぼす影響

・研究の目的は、ラリンジアルマスク(LMA)Supreme と flexible で気道リーク圧に及ぼすカフ圧の影響を調査することであった。

・待機的乳房手術を受けようとしている患者は、Supreme 群(35 例)とFlexible 群(33 例)に分けられた。全身麻酔導入後、LMA Supreme か、または Flexible を特定の麻酔科医が挿入した。著者らは、LMA の位置を確認し、カフ圧を調整し、いろいろなカフ圧(10、20、30、40、50cmH2O)下での最高気道リーク圧を記録した。

・Supreme 群では、20、30、40、50cmH2O カフ圧下の最高気道リーク圧[(24.46±5.43)、(25.11±5.51)、(25.86±5.57)、(26.17±5.72)cmH2O]には、相互間で有意差はなかった(P>0.05)が、10cmH2O のカフ圧(20.80±4.63)cmH2O より有意に高かった(P<0.05)。また、Flexible 群では、30、40、50 cmH2O カフ圧下の最高気道リーク圧も相互間で有意差を示さなかった[(20.09±2.98)、(20.70±3.08)、(21.21±3.15)cmH2O]が、10、あるいは 20cmH2O のカフ圧[(17.52±2.39)、(18.61±2.42)cmH2O]よりも有意に高かった。LMA Supreme の平均最高気道リーク圧[(25.40±5.52)cmH2O]は、LMA Flexible(20.67±3.06)cmH2O(P<0.05)よりも有意に高かった。

・LMA Supreme の平均気道リーク圧は、LMA Flexible よりも高い。 LMA Supreme の気密性の要件を満たす最小カフ圧は 20 cmH2O であり、これは Flexible(30 cmH2O)よりも低くなっている。

[!]:LMA Supreme では、カフ圧 20cmH2O あれば、シーリングは十分である。Flexble では カフ圧 30cmH2O が必要ということか。

【出典】
Impact of cuff pressure on airway leak pressure in laryngeal mask airway supreme and flexible.
Zhongguo Yi Xue Ke Xue Yuan Xue Bao. 2014 Dec;36(6):620-3. doi: 10.3881/j.issn.1000-503X.2014.06.011.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック