日常的経鼻挿管時のエアウェイスコープとマッキントッシュ喉頭鏡と比較した McGrath MAC 喉頭

・McGrath MAC ビデオ喉頭鏡は、優れた喉頭鏡視野を提供し、場合によっては気管挿管の成功率を高める。McGrath MAC と エアウェイスコープ、マッキントッシュ喉頭鏡を比較することにより、McGrath MAC のルーチンの経鼻気管挿管に際しての有用性を調査することが目的であった。

・ASA-PS 1/2(年齢 20-70 歳)の合計 60 人の成人患者を本研究に登録した。患者は、気管挿管による全身麻酔下で待機的口腔外科手術を受ける予定であった。除外基準には、同意の欠如と気道確保困難が予想される場合とした。McGrath MAC(n=20)、エアウェイスコープ(n=20)、マッキントッシュ喉頭鏡(n=20)の3群に無作為に割り付けた。導入後、6 年以上の経験を有する 6 人の麻酔専門医によって、経鼻気管挿管が実施された。

・3 群の術前気道評価に有意差はなかった。気管挿管成功時間は、McGrath MAC では 26.8±5.7(平均±標準偏差)、エアウェイスコープでは 36.4±11.0 秒、マッキントッシュ喉頭鏡群では 36.5±8.9 秒であった。 McGrath MAC 群の気管挿管に成功した時間は、エアウェイスコープとマッキントッシュ喉頭鏡よりも有意に短かった(p<0.01)。McGrath MAC は、マッキントッシュ喉頭鏡と比較して、気管挿管に際しての Cormack & Lehane分類を有意に改善した(p<0.05)。

・McGrath MAC は、気管挿管時間を短縮し、Cormack & Lehane 分類を改善することにより、エアウェイスコープとマッキントッシュ喉頭鏡と比較して、日常的な経鼻気管挿管を有意に容易にする。

[!]:経鼻挿管で、McGrathMAC とエアウェイスコープ、マッキントッシュを比較したら、McGrathMAC が断然有利だ。

【出典】
The usefulness of the McGrath MAC laryngoscope in comparison with Airwayscope and Macintosh laryngoscope during routine nasotracheal intubation: a randomaized controlled trial.
BMC Anesthesiol. 2017 Dec 1;17(1):160. doi: 10.1186/s12871-017-0451-y.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック