挿管困難症の SARI 多変量リスク指数の予測値:グライドスコープ ビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡

・挿管困難に対する El-Ganzouri リスク指数(EGRI)の予測値は、参照標準としてマッキントッシュ喉頭鏡を用いて評価されている。グライドスコープビデオ喉頭鏡は声門の視覚化を改善する。著者らは、ビデオ喉頭鏡を参照標準として用いた EGRI の予測値を研究した。

・マッキントッシュ喉頭鏡(ML、n=994)とビデオ喉頭鏡(VL、n=843)で挿管された 2 つの患者群のデータを後ろ向き的に分析した。EGRI を指標テストとした。2 種類の喉頭鏡検査が、Cormack & Lehane 分類 III-IV の存在の基準として採用された。両群について、EGRIス ケールの閾値について、感度、特異度、陽性および陰性検査後確率(PTP)を計算した。ROC 曲線と対応する曲線下面積(AUC)を得た。

・感度と特異度は、ML 群では、カットオフ値 2 で 69.7% と 66.3%、VL 群ではカットオフ値 3 で 93.3% と 76.6% であった。対応する陽性および陰性 PTP は、ML 群では 12.81% と 3.15% であり、VL 群では 6.73% と 0.16% であった。ML 群では、閾値 4 としたとき、陽性および陰性 PTP はそれぞれ 31.34%と 4.85% であった。VL 群で閾値 7 としたとき、陽性および陰性 PTP は 85.71% と 1.08% であった。AUC は、ML 群で 0.74、VL 群で 0.91 であった。

・EGRI の予測値は、マッキントッシュ喉頭鏡検査の精度が限られているため、過小評価されている可能性がある。ビデオ喉頭鏡を用いた場合、EGRI は意思決定ツールとして再考されるかもしれない。

[!]:El-Ganzouri リスク指数(EGRI)は、最初以下の文献で発表されたものであるが、デンマークの多施設共同研究に際して、システマティックな術前気道評価法「SARI スコア」として採用されたものである。ビデオ喉頭鏡を使用した場合、挿管困難の予測に EGRI=SARI スコアが有望かもしれない。

Preoperative airway assessment: predictive value of a multivariate risk index.
el-Ganzouri AR, McCarthy RJ, Tuman KJ, Tanck EN, Ivankovich AD.
Anesth Analg. 1996 Jun;82(6):1197-204.

【出典】
Predictive value of the El-Ganzouri multivariate risk index for difficult tracheal intubation: a comparison of Glidescope videolaryngoscopy and conventional Macintosh laryngoscopy.
Br J Anaesth. 2007 Dec;99(6):906-11. Epub 2007 Oct 25.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック