ミダゾラムを前投与した小児でセボフルラン+亜酸素化窒素による導入後の静脈内カニューレ挿入の最適時間

・セボフルラン麻酔を施行した小児における静脈ラインの早期留置は、喉頭痙攣や体動の発生率を増加させることが示されている。しかしながら、セボフルラン+亜酸素化窒素の投与中に睫毛反射消失後の安全なカニューレ挿入の最適時間は分かっていない。・本試験の目的は、経口ミダゾラムを前投与した小児で、セボフルラン+亜酸素化窒素による麻酔導入後の静脈内カニューレ挿入の最適時間を調査することであった。

・著者らは、前向き観察者盲式、上下逐次割り付け研究を行い、年齢 2-6 歳、待機的処置を受ける予定で吸入導入を受ける小児を対象とした。経口ミダゾラムを前投与した後、セボフルラン+亜酸素化窒素で麻酔を導入した。最初の小児については、睫毛反射消失 4 分後、経験豊富な麻酔科医によって静脈内カニューレ挿入が試みられた。静脈カニューレ挿入の時間は、体動、咳嗽、喉頭痙攣が起こらなかった場合に適切であるとみなした。前の患者で時間が不十分であればカニューレ挿入の時間は 15 秒増加し、逆に前の患者で十分な時間であればカニューレ挿入の時間は 15 秒短縮された。プロビット試験をアップダウン配列の分析に用いた。

・合計 32 人の小児が研究期間中に順次登録された。患者の 50% と 95% でセボフルラン+亜酸素化窒素による導入後の効果的な静脈内カニューレ挿入のための適切な時間はそれぞれ、1.29 分(95% 信頼区間、0.96-1.54分)と 1.86 分(95% 信頼区間1.58-4.35 分)であった。

・著者らは、ミダゾラムで鎮静し、セボフルラン+亜酸素化窒素による吸入導入を受けるた小児で、睫毛反射消失後、静脈内留置を試みるのに 2 分間待つことを推奨する。

[!]:ミダゾラム前投薬した小児で、GOS 導入する際に、睫毛反射消失後、静脈ライン確保までには 2 分待った方が良いと。

【出典】
Determination of optimum time for intravenous cannulation after induction with sevoflurane and nitrous oxide in children premedicated with midazolam
Paediatric Anaesthesia First published: 18 April 2014

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック