待機手術に挿管を受けた成人で術後咽頭痛予防のための塩酸ベンジダミン局所療法:系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛は、患者の満足度および回復に悪影響を及ぼす。ベンジダミン塩酸塩は、局所で利用可能な非ステロイド系抗炎症薬である。全身麻酔下で定時手術を受ける成人の術後咽頭痛を予防するために、ベンジダミンの局所適用の有効性および安全性を評価するための系統的レビューとメタ分析を行った。

PubMed、EMBASE、Web of Science、Cochrane Central Register of Controlled Trials を検索し、無作為化比較試験を特定し、ランダム効果モデルを用いてデータをプールした。主要評価項目は、手術/抜管 24 時間後の咽喉頭痛の発生率と重症度、ならびに有害事象であった。エビデンスの質は、GRADE 基準の格付けを用いて評価された。

・1842人の患者を含む 13 件の無作為化比較試験が含まれた。ベンジダミンは、鎮痛を受けていない対照患者と比較して、術後咽頭痛の発生率の低下と関連し、リスク比(95%CI)は 0.31(0.20-0.47)であったが、重症度を有意には低下させず、標準化平均差(95%CI)は -0.27(-0.63-0.08)であった。ベンジダミンに関連する重大な有害事象はなかった。

・ベンジダミンはリドカインと比較して術後咽頭痛の発生率も低下し、リスク比(95%CI)は 0.18(0.07-0.43)であった。著者らは、「術後喉頭痛の発生率」という評価く重くに対しるエビデンスは質が高いと判断した。

[!]:ベンジタミン塩酸塩の含嗽用液剤が日本でも使用できるのかな?

【出典】
Topical benzydamine hydrochloride for prevention of postoperative sore throat in adults undergoing tracheal intubation for elective surgery: a systematic review and meta-analysis
Anaesthesua First published: 29 January 2018

<関連記事>
術後咽頭痛に塩酸ベンジダミン: 無作為試験のメタ分析

術後咽頭痛に及ぼすベンジダミン塩酸塩ゲル、リドカインゲル、リドカインスプレー塗布の効果

術後咽頭痛緩和のたの塩酸ベンジダミン・スプレーは、気管チューブのカフと口腔粘膜のどちらが有効か?

気管チューブ・カフへの塩酸ベンジダミン、10%、2%リドカイン・スプレーが術後咽喉痛に及ぼす効果

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック