迅速挿管におけるフェンタニルの使用と挿管後低血圧との関連

・麻酔の文献では、挿管前のフェンタニルの使用は、救急部(ED)後の予後不良の危険因子である挿管後低血圧に関連することが報告されている。しかしながら、ED での挿管に際してのフェンタニルの使用と挿管後低血圧の関係についてはほとんど知られていない。著者らは、フェンタニルによる前処置が、ED での挿管後低血圧の高いリスクと関連していたかどうかを調査することを目指した。

・著者らは、2012 年 2 月から 2016 年 11 月までの日本の 14 施設の ED での多施設前向き研究から収集した ED 気道管理データの二次分析を行った。著者らは、医学的適応のため迅速挿管を受けた全ての成人非心停止患者を含めた。患者はフェンタニル群と非フェンタニル群に分けられた。主要評価項目は、ED での挿管後低血圧(収縮期血圧≦90mmHg)であった。

・適格患者 1263 人のうち、466 人(37%)の患者がフェンタニルで前処置を受けた。フェンタニル群は、非フェンタニル群と比較して、挿管後低血圧の高いリスクを有していた(17% vs 6%、非調整OR、1.73、95%CI、1.01-2.97、P=0.048)。ED内年齢、性別、体重、主な適応、鎮静剤、挿管者の専門、挿管試行回数、ED 内での患者クラスタリングで調整した多変量解析では、フェンタニル群は、非フェンタニル群に比較して、挿管後低血圧のリスクが高かった(調整 OR、1.87、95 %CI、1.05-3.34、P=0.03)。傾向スコアマッチングを用いた感度分析でも、この関連性は依然として有意なままであった(OR、3.17、95%CI、1.96-5.14、P<0.01)。

・ED 気道管理についての本前向き多施設研究において、迅速挿管でのフェンタニルの前処置は、挿管後低血圧の高いリスクと関連していた。

[!]:待機手術を受ける患者を対象とした気管挿管よりも、病態ゆえに救急部で必要に迫られて気管挿管される患者の方が、フェンタニル前処置による低血圧は当然頻発するだろうな。

【出典】
Association of fentanyl use in rapid sequence intubation with post-intubation hypotension
The American Journal of Emergency Medicine Available online 14 March 2018

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック