デスフルラン麻酔時の Cerebral State Index とバイスペクトル指数の比較

脳波14.png・Cerebral State Index(CSI)は、バイスペクトル指数(BIS)の代替麻酔深度モニターである。これまで公開された比較試験では、プロポフォールとセボフルランが使用されている。しかし、デスフルランを用いた研究はまだ報告されていない。異なる揮発性麻酔薬は、異なる EEG 上の特徴を有する。デスフルラン麻酔では CSI の性能が異なる可能性がある。そこで、本研究の目的は、デスフルラン麻酔中の CSI と BIS とを比較することであった。

・33 人の患者を募集した。全身麻酔を維持するためにデスフルランとレミフェンタニルを使用した。BIS と CSI は毎分同時に記録された。デスフルラン呼気終末濃度は、手術開始から 5 分間 4% に維持した。CSI と BIS の組みデータを 1 分間隔で 5 回得た。このプロセスを 6%、8%、10% の順でで繰り返した。

・BIS と CSI は、デスフルランの呼気終末濃度と負の相関を示し、同程度の相関を有していたた(相関係数 BIS:-0.847、CSI:-0.844)。CSI と BIS との関係は、1 に近い勾配で良好な直線性を有していた(R2=0.905、勾配=1.01)。デスフルランの各呼気終末濃度における CSI と BIS との関係について、CSI と BIS は、4% と 10% において良好な直線性を示した(R2=0.559、0.540)。しかし、線形性と傾きは、6% と 8% では減少した(R2=0.163、0.014)。

・CSI はデスフルラン麻酔における BIS と比較して同等の総合的な性能を示した。したがって、CSI は、使用される全身麻酔薬の種類にかかわらず、BIS の良好な代替モニターとして使用できる可能性がある。

[!]:ステートエンロピーも、BIS と同様に、デスフルランでも使用できそうだと。

【出典】
Comparison between cerebral state index and bispectral index during desflurane anesthesia.
Korean J Anesthesiol. 2018 May 9. doi: 10.4097/kja.d.17.00084. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック