重症成人における気管挿管管理のガイドライン

これらのガイドラインは、病院内のあらゆる場所で、重症患者の酸素化、気道管理、気管挿管を最適化する包括的な戦略について記述している。これらは、麻酔科医と困難気道学会の第 4 回国立監査プロジェクト(NAP4)への直接的な対応であり、NAP4 はこれらの非常に脆弱な患者の管理が不十分であるために重大な合併症や回避可能な死につながることを浮き彫りにした。ガイドラインは、利用可能なところでは堅牢なエビデンスに基づいており、そうでない場合には専門家の合意による意見が補足されている。これらのガイドラインでは、緊急気道管理の改善された結果は、単に新しい装備の導入や技術的な熟練の向上ではなく、人的要因に細心の注意を払う必要があることが認知されている。彼らは気道管理チームの役割、共通の精神モデル、計画の立案、気道管理全体を通じてのコミュニケーションを強調している。前酸素化と過酸素化を含む酸素化の重要性が強調されている。改良迅速導入/挿管アプローチが推奨される。最適な管理は、プラン B と C を組み合わせたアルゴリズムで提示されており、Vortex アプローチの要素が組み込まれている。遅延やタスクの固定化を避けるために、処置の試行回数を制限し、迅速に障害を認識し、次のアルゴリズムステップに移行することの重要性が強調されている。このガイドラインでは、全員が見ることのできるビデオ喉頭鏡の早期使用と、気道レスキューのため第 2 世代声門上気道器具を推奨している。緊急時前頸部気道確保としては、スカルペル・ブジー・チューブ法が推奨事項である一方で、訓練を受けた専門家が実施した他の方法の価値も認めている。ほとんどの重症患者治療における気道の悲劇的結末は挿管後に起こるので、抜けたり閉塞したチューブに起因するものであり、これらの合併症を避けるための不可欠な方法も強調されている。

[!]:このガイドラインは、参考文献リストがなんと 346 件と膨大な資料の上に作成されている。一読の価値あり!

【出典】
Guidelines for the management of tracheal intubation in critically ill adults
Br J Anaesth. 2018 Feb;120(2):323-352. doi: 10.1016/j.bja.2017.10.021. Epub 2017 Nov 26.

<関連記事>
★< 重症患者の気管挿管チェックリスト >★

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック