■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2018/06/07




【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (____t) : [血管]雑音/ブルイ

(2) (c_____________) (s_____) : 心血管系/循環系

(3) (s___) (t_____) : 咽喉痛/咽頭痛/咽頭炎/咽喉炎

(4) (h__________) : 循環血液量減少

(5) (m_________) (s_____) : モニターシステム/監視システム/監視装置


[解答]
(1)bruit(2)cardiovascular system
(3)sore throat(4)hypovolemia
(5)monitoring system


[出典] 麻酔科学用語集 第3版


【トラブル・シューティング】~麻酔緊急Vol.2p103

(換気)『麻酔導入後に換気できない』

麻酔器・麻酔回路異常に起因する換気不能の例:�バッグの付け忘れ、�ガスアウトレット未接続、�内臓PEEPバルブ最大位、�PEEP弁を吸気側に取り付けた、�低流量麻酔器のリザーバーベローズが縮んだままで換気できない、�ユニベントチューブのブロッカーを右気管支に挿入しようとねじったり、カフを脹らませたりしたが駄目で、ブロッカーを引き抜きポケットに収納直後から換気不能となった。しぼませたつもりのカフが膨らんだままでチューブ先端を完全閉塞していた。�F回路がシーツの下で強く彎曲し、吸気用グリーンホースが屈曲し完全閉塞していた。









【問題2】(溺水・中毒・体温) アルコールは胃から何パーセントくらいが吸収されるか?
1) 80%
4) 20%
2) 5%
5) 90%以上
3) 40%


[解説] エチルアルコールは胃からも吸収されるため、飲酒数分後には血中アルコール濃度が上昇してくる。胃からどの程度が吸収されるか、また血中アルコールのレベルがどの程度上昇するかは、摂取したアルコールの濃度、量、胃内容状況、体重などにより異なるが、約20%が胃で吸収されるという。


[正解] 4 [出典] 救急医学増刊「外傷」P46



【問題3】(自律神経) 自律神経系について正しいのはどれか?

ア:ドパミン受容体作動性投与量では腎血流を増加させる。

イ:アドレナリンは、2μg/min以下ではβ1作用が中心となる。

ウ:デクスメデトミジンの鎮痛作用は脊髄後角の受容体への作用である。

エ:グリコピロレートは脳血液肝門をわずかに通過するため中枢作用がある。

オ:β2遮断薬はインスリン分泌を低下させる。


[解説] ア:○:ドパミン受容体作動性投与量では、健康人では腎血流を増加させるとともに、アルドステロンの放出を抑制して、ナトリウム利尿となり尿量が増す。
イ:×:アドレナリンは、2μg/min以下ではβ2作用が中心、2~10μg/min以下ではβ1、β2作用が中心、10μg/min以上ではα1作用が中心となる。
ウ:○:デクスメデトミジンの鎮痛作用は脊髄後角の受容体への作用である。
エ:×:グリコピロレートは4級アンモニウム化合物で脳血液肝門を通過しないので中枢作用がない。
オ:○:β2受容体の刺激で、インスリン分泌は促進されるので、β2遮断薬はインスリン分泌を低下させる。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p1-7

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック